• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

2014年10月30日 更新
俺、最初は書店員やってん……  こんばんは、星海社の平林です。 いきなり自分の話で恐縮なんですが、僕、書籍編集の前は雑誌編集でした。 その前は、版元営業で書店さんを行脚する日々を送っていまして、更にその前、出版業界に入った一番最初は書店員だったんです。 そんなわけで、書店……なかでも現場には、すごく愛着があります。 棚作りと編集って、実はかなり近い理屈だったりするので、書店時代に学んだ技術が、今でもしっかり役立っていたりもします。 書店をや...

星海社の平林です。
今回は、表題の通り安田峰俊氏の新著『知中論 理不尽な国の7つの論理』について書いてみようと思います。


(試し読みはこちらから)

こんにちは、広報の築地です。 さて、少しずつ告知をしてきましたが、この9月をもって星海社新書は3周年を迎えます! 星海社新書、8月刊の2タイトル、『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』(中川 淳一郎)、『弁護士が勝つために考えていること』(木山泰嗣)、そして9月刊の『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(原田実)と、3タイトル連続重版中! そうです。いま、完全に追い風吹いてます。 そのようななかで、3周年を迎えることができる喜び。 新米広報の僕が言うのも大変恐縮なのですが、著...
おかげさまで、『夢、死ね! 若者を殺す自己実現という嘘』が売れております。 発売してすぐ重版がかかり、帯も新調しました。ありがとうございます!   『夢、死ね!』は、たくさんの人に「どうしてこのタイトルになったの?」と聴いて頂きます。 いい機会なので、「新書編集者はどうやってタイトルを決めているのか?」について、 書いてみようと思います。   『百合のリアル』も、『選挙フェス』も、『キャバ嬢の社会学』も、 『戦略的上京論』も、『アニメを仕事に!』も、『「学問」はこんなにおもし...
こんにちは、広報の築地です。 急に肌寒い日が到来し、面食らってます。 そんななか、嬉しい情報をひとつ。 以前にちらっと告知した重版情報。 その続報をお伝えします! 星海社新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』中川淳一郎 星海社新書『弁護士が勝つために考えていること』木山泰嗣 この2タイトル、無事2刷が出来上がりました! まもなく書店さん等でも並びますので、お待ちくださいね。 そして、この重版に合わせて2タイトルともに、帯を新調しました。 それぞれ、変更した意図を踏まえな...