• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > ジセダイセレクションズ > 死ぬまでにチャレンジしてみたい三つのこと

ジセダイセレクションズ

死ぬまでにチャレンジしてみたい三つのこと

今井雄紀
2013年05月10日 更新

金曜セレクター:今井雄紀

今井雄紀

編集者であれば誰もが持っているであろう「いつかこの人に話しを聴いてみたい!」リスト。僕にも勿論あって、これまでの人生で間接的かつ勝手に「お世話になった」人が並んでいます。今日はそこから、3名をご紹介!

今井雄紀さんのセレクション

ガチャピン日記 ガチャピン

ガチャピン日記

いつかどこかのインタビューで「趣味はなんですか?」と聴かれ、「チャレンジですね」と答えていたのを見て以来、僕はガチャピンさんのファンです。この『ガチャピン日記』は、そんな彼のブログをまとめた初の著書で、彼のチャンレンジ精神の秘密を垣間見ることができます。巻末に赤い方の日記が付いてますが、まあ、それは別に読まなくても大丈夫です。

Amazon

チハラトーク #1 千原兄弟

チハラトーク #1

2人目はこの人、千原ジュニア。小説を書き、エッセイを書き、最近は映画も撮り始めてと、本当に多彩な方ですが、やはりその真骨頂はトークにあると思っています。このDVDを見るとわかるのが、彼の状況説明の巧みさ。小気味よいテンポと吟味された言葉で紡がれる彼の「振り」は、まさに職人技! その説明のうまさの秘密、いつか聴いてみたい!

Amazon

創造学講義―東大キャンパスにおける ドクター中松

創造学講義―東大キャンパスにおける

3人めはこの方! 過小評価されまくってますが、3000以上ものプロダクトを発明した不世出の天才であるのは確かなんです。普通に話を聴いてみたい……。 ちなみに僕は学生時代、小学館のエントリーシートにあった「3人にインタビューするとしたら誰?」の課題にこの3人を挙げて、1次選考を突破しました。その後はまあ、察してください……。

Amazon

セレクター紹介

今井雄紀

今井雄紀

ツイッターを見る

星海社編集者、ジセダイ編集長。滋賀県出身の27歳。就職を機に 上京し、新卒でリクルートに入社。営業→Webディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事 業 をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。二つ名は、“リア充エディター”。

最新のセレクション

レギュラーセレクター

セレクションズ テーマ一覧

セレクションズ カテゴリ一覧

あわせて読みたい