• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

書けない苦しみを乗り越える術を模索する『ライティングの哲学 書けない悩みのための執筆論』。 生活をアップデートするツール・技法としてノートを紹介する『すべてはノートからはじまる あなたの人生をひらく記録術』。 「書く/記録する」ことをテーマにした本が、偶然にも同日に星海社新書から刊行されました。 それぞれの本を読み合って得たものはなにか。 『ライティングの哲学』著者のひとり・瀬下翔太さんと、『すべてはノートから始まる』著者・倉下忠憲さんによるトークを開催します!    ・日時:8/5(木)20...
遥か昔から伝えられてきた怪異や妖怪と呼ばれる現象・存在は、科学技術が進歩したこの21世紀だからこそ、むしろネットの海へとその活躍を広げ、かつてない隆盛を誇っています。2ちゃんねるオカルト板の名スレッド「死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?」で物語られた「八尺様」「リョウメンスクナ」などの人気怪異から、現代技術が喚び起こした怪現象「幽霊だけど何か質問ある?」「LINEわらし」、コロナ禍で脚光を浴びた予言獣「アマビエ」などなど......。現代を舞台に語られる怪異から100種類を精選&...
星海社新書『「メタルの基本」がこの100枚でわかる!』、おかげさまで好評の声を多数頂いています! ありがとうございます! 本書は「メタルの基本」をテーマに、メタルの縦軸(歴史)と横軸(枝葉)から吟味に吟味を重ねた100枚を厳選し、すべてのアルバムに豪華執筆陣による本書書き下ろしレビューを掲載しています。 さて、「100枚って、なにが収録されているの?」という声も多く頂きました。 そこで、目次を公開します!  本書は、レビューをアーティスト名「アルファベット順」で掲載。 メタル生誕から約50年...
野村克也さんによる著書、『弱い男』を星海社新書より刊行致します。 本書は、著者・野村克也さんがお亡くなりになる直前の2019年12月から2020年1月にかけて、累計10時間に及ぶインタビューの記録が綴られています。本書の出版経緯や、結果的に死の直前に実際に野村さんに対峙した星海社編集者の心情を、本書「はじめに」「おわりに」へまとめました。今回、「はじめに」からの一部抜粋を記載致します。どうぞ、ご一読ください。 ーーーーーー 本書の企画は、「男の弱さ」をテーマに野村克也さんへインタビューすることか...
アニメ&ゲーム業界の最前線を語る、星海社新書10作品が電子書籍化。Amazon Kindleストアで配信開始しました! 一挙にご紹介します! ────────────────────────────────────────  ◆『SHIROBAKO』の制作現場も通読した、「TRIGGER」代表が語る「制作進行」! 舛本和也さん『アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本』 制作進行を知れば、アニメがわかる!50年の歴史を積重ね、週に50本以上の作品が放送されるまでになった、世界一のア...
読者のみなさま 刊行直後より『「百合映画」完全ガイド』を多くの方に手にとっていただき、また、多くのご感想をお寄せいただき、まことにありがとうございます。 そのなかで、本書第1刷の104ページに掲載の『バウンド』レビューに対するご指摘をいただきました。当該レビューは下記のとおりとなっております。 ある空間にいる限りその隣室の様子を見ることはできない。隣室からセックスや拷問の声が聞こえても、見えるのは自室の壁紙とその模様だけ。だが映画にはカット割りが可能だ。次のカットが別の空間を写せば、見たかったも...
「百合映画」300本以上を紹介する前代未聞の一冊、『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)。 本日6月27日、いよいよ発売日を迎えました。 そこで今回は、『「百合映画」完全ガイド』の序文を全文公開します。執筆陣が本書に託した思いは、この序文に詰まっていると言っても過言ではありません。序文を読んで、なにか響くものがあったなら、どこか思うところがあったなら、ぜひこの本を手にとってみてほしいと願います。 『「百合映画」完全ガイド』序文  この本は女性同士の関係性を描いた映画作品を取り上げ、その魅力に...
「百合映画」300本以上を紹介する前代未聞の一冊、『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)。 今回は、本書執筆陣の8名にそれぞれ1作ずつ、〈プッシュしたい「百合映画」〉をコメントとともに挙げていただきました。 それでは、さっそくどうぞ。 1. 幻影 簡潔でありながらその後のすべてを予感させている出会いの場面が素晴らしい。(ふぢのやまい) 監督:クリスティアン・ペッツォルト/2005年/ドイツ/85分 2. タイムズ・スクエア 病院で出会ったふたりの少女が、そこから脱出し、自分たちだけの世界へ...
「百合映画」300本以上を紹介する前代未聞の一冊、『「百合映画」完全ガイド』(星海社新書)。 6月27日の発売に先駆けて、編著者のふぢのやまいさん、執筆者の児玉美月さんに〈今すぐ観られる「百合映画」〉を8本、セレクトしていただきました。 今回は Netflix 編。 「Netflix で鑑賞することのできる百合映画には、社会問題を提起する作品や現代的なテーマを扱う作品が多い印象を受ける。特に Netflix オリジナルの『ハーフ・オブ・イット』は女同士の関係性にある明るい未来と希望を描き出して...
日本企業の新卒採用では、必ずと言っていいほど「面接」が存在します。初めて会った面接官に自分の人生を根掘り葉掘り聞かれる異様な状況に、緊張しないなんて無理な話です。エントリーシートや筆記試験は通っても、面接を突破できない。実力はあるけれど、コミュ力不足で落とされてしまう就活生は後を絶ちません。   ですが、実は面接は精度が低いとデータ的に証明されているレガシーな採用手法なのです。しかし日本では未だに重視され続け、ダメ面接官によるダメ面接が横行しています。   星海社新書『コミュ障のための面接戦略』...
New
1/34

星海社新書発売中!既刊書籍情報一覧

FOLLOW US

ジセダイをフォローする

ジセダイは、20代以下の次世代に向けた、行動機会提案サイトです。