• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

どうも、平林です。
初めての人ははじめまして、知っている人はこんにちは。

さて、現在僕は『中国のインターネット史』という、少々マニアックな感じのする本を編集しています。
著者は、中国を中心に、アジアのIT事情に詳しいライターの山谷剛史さん
今日は、本書の宣伝にまかり越しました。

星海社の人材募集、締め切りまで約1週間ですが、ぱっと見た感じ、全然書類が来ていません。あはは。 きっとみなさん、「業務委託(フリー)」っていうのが引っかかってるんだと思うのです。 2年半前、星海社の人材募集をはじめて見た時、社会人4年目、リクルート(現RCO)にいた僕は思いました。「フリーかー。フリーは微妙だわー。正社員がいいわー」と。 星海社がフリーでしか人を取らないのにはいくつか理由があるのですが、そのひとつに、「リスクを取れる人が欲しい」という、経営陣の想いがあります。 まだまだまだまだ...
2015年01月22日 更新
星海社は、全員がTwitterをやっています。 昼夜問わず、それぞれがそれぞれをいじったり突っ込んだりしているので、まとめてフォローするとバラエティ番組のひな壇における吉本の団体芸みたいなものが見られます。 で、そんなぼくらが社内の事件や実情をつぶやくときに使うハッシュタグがありまして、その名も「#星海社の実態」。手前味噌ですが、これがけっこうおもしろいのです。   【全員集合は火・木だけ】星海社は(いまのところ)社員が一人もいない会社です。社長&副社長は講談社から出向してきており...

読者の顔

今井雄紀
2015年01月21日 更新
平日毎日ブログを書きはじめて2週間。想像以上にたくさんの方に読んで頂けています。恐悦至極です。昔の知り合いから「読んでるよ」って連絡がもらえたり、いつも仕事のやりとりをしている方に、「読んでます!」と言って頂けたり……。本当にありがたい。ブログもそうだし、星海社新書のようなレーベルもそうなのですが、対面での「読んでます!」を受けて、だんだんと「読者の顔」が具体的になっていきます。「こんな風な感じの人」だったのが「こんな人」になり、「この人」へ。この過程、すごく楽しい...
中川淳一郎さんと、「群馬してなさい」が話題の松井剛先生。二人はともに、一橋商学部の片岡ゼミ出身   中川淳一郎という人がいます。 フリーライターであり、ネットニュース編集者であり、PRプランナーであり、『ウェブはバカと暇人のもの』という新書を書いた、ベストセラー作家でもある方です。Twitterでも、有名人。 肩書きが多岐にわたる人は、たいてい、「メインは一つで、あとは片手間」であったり、「昔はあれもこれもやってたけど、実質今は○○の人」という方が少なくないのですが、中川さんは未だに...