• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 『百合のリアル』がリアルになってきた

エディターズダイアリー

『百合のリアル』がリアルになってきた

今井雄紀
2013年10月26日 更新

初の主担当新書、牧村朝子『百合のリアル』。
校了まで10日を切ってしまいました。

星海社合流して15ヶ月、副担当をさせてもらった本はいくつもあり、
そのどれもが、すばらしい経験だったのですが、主担当はわけが違いますね。
ガイド付きで登ってた山にひとりで挑む感じです。

なんどもこの「校了」という山に登っている周囲の人に状況を話すと、
「この時間で7合目まで来てるから問題ないペースだよ」みたいなことを言ってくれるのですが、
テッペンがまるで見えないので信用出来ないというか信用しようがないというか……。

「そ、そりゃみなさんからしたらそうかも知れませんけどどどどど、ぼ、ぼ、僕ははじめてなんですから! ああ、うあああああ!」
という気分で。

 このどう見てもすごい牧村さんの才能を、ちゃんと引き出せているんだろうか……。
 この帯で、このキャッチで、きちんと読者におもしろさが伝わるだろうか……。
 書店員さんに自信をもって進めてもらえる内容になっているんだろうか……。
 「同性愛」というデリケートなテーマを扱うに相応しい覚悟と心構えがちゃんと自分の中にあるだろうか……。

何をどこまでやれば終わりなのかわからないので、
もうとにかく毎晩不安で不安で、7時間ぐらい寝てしまいます。
(どんな状況でも寝れる無神経さは僕の武器です)

ただ、お手伝いさせてもらった本がもうすぐ世に出るんだというワクワクもまた格別なものがあり、
星海社に入って一番苦しく、同時にもっとも楽しい時間が流れているなと感じています。

いやー、「世に問う」っていうのはほんとにしびれる行為ですね。
編集者が編集者やめられないの、ちょっとわかってきた気がします。

がんばります。

エディターズダイアリー

投稿者