• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 瀧本哲史さんの新刊は、黙ってP30まで読め!

エディターズダイアリー

瀧本哲史さんの新刊は、黙ってP30まで読め!

今井雄紀
2013年11月15日 更新

ジセダイ読者のみなさんは黒澤明監督の『七人の侍』という映画をご存知でしょうか?

 

「聴いたことはあるけど、観たことはない」という人が、大半なのではないかと思います。

「見ようと思ったけど長いのでやめた」という人もいるでしょう。

207分もありますからね。当然といえば当然だと思います。

 

『半沢直樹』でも『あまちゃん』でも『ワンピース』でもない。

若い世代にとっては馴染みの薄い『七人の侍』というコンテンツを敢えてとりあげ、

「チーム」の作り方について語られた本が、昨日発売となりました。

 

それがこちら、『君に友だちはいらない』です。

 

 

著者はご存知、元星海社新書軍事顧問の瀧本哲史さん。

  

書籍の中で瀧本さんは、劇中で描かれる「七人の侍たち」と、それを作り上げた黒澤組の面々、

そのいずれもが“スーパーチーム”であると断言し、

「我々はどうすれば、あのようなチームを作ることができるのか」を説かれています。

 

 リーダーが読めば、メンバーへの振る舞いが変わり、

 メンバーが読めばチームのパフォーマンスが上がり、

 志ある人が読めばチームを作りたくなる。

 

そんな風に、明日から行動を変えたくなる1冊です。

どの立場にいる人も、まずは30Pまで読んでみることをお薦めします。

何かしらの良い作用が、あなたの人生に持たされるはずです。

 

そしてそして、『君に友だちはいらない』を読んでピンときたあなたにおすすめしたいのが、

星海社新書の既刊2冊!

 

 

どちらも、今回の瀧本さん新刊発売に合わせて、

また、「俺達もあんなチームになりたい!」という願いを込めて、

『七人の侍』をあしらった帯に模様替えをしております。

 

ブキケツで迷いを捨て、ブキコウで合意を勝ち取り、

キミトモでチームという名の武器を手に入れる。

すべては、グローバル資本主義を生き抜くために。

 

サバイブしたい人は、今すぐ書店へGO!


金曜日にこの3冊(+『僕は君たちに武器を配りたい』)を買って土日に読みこめば、
月曜のあなたはまるで別人です。

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者