• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

2013年02月20日 更新
 どうも、ジセダイ編集長の今井雄紀です。節分過ぎたのに、全然春になりませんね。   実は、先週木曜日のジセダイ定例で「今週中に記事を3本書きますよ! 編集長がやらないで誰がやるってんですか! まあ、見といてください」みたいなことを言ってしまったんです。でも、それ以降に書いたブログはゼロ。一切なし。ナシゴレン。   人間らしく睡眠をとっていたので「忙しすぎて時間がなかった!」というわけでもなく、新書の新刊も出るので「ネタがなかった!」というわけでもない。  ...
どうも、おつかれさまです。 ジセダイ編集長の今井雄紀です。   編集長になります!と発表してからと言うもの、 会う人会う人に   「編集長!」 「編集長にこんなこと頼むのもあれなんですけど……。」 「編集長って何すんすか?w」   なんて言われて、もうなんか、 ネタにされてる気がすごいするんですが、 関心をもって頂くことはありがたいことだなと思って、 毎日楽しんでやっております。   そんな流れの中、昨日はイラストレーターの竹さ...
  いつもジセダイをご覧頂きありがとうございます。   突然ですがこの度、ジセダイの編集長が、柿内芳文から、わたくし今井雄紀に替わります。 (星海社新書編集長は、柿内が継続して務めます)   今日はその経緯の説明と、新しいジセダイの目指すところについて、説明させて頂きます。   これまで星海社は、ジセダイに、   [1]次世代の新しい才能と出会う場 [2]本のつくり手の顔が見える場   という2つの役割を与え、15ヶ月に渡って運営をし...
皆様、年の瀬、いかがお過ごしでしょうか? 今年ももうあと数時間となってまいりました!   2012年、編集長柿内が、平日ほぼ毎日更新し続けた、 架空タイトル企画『ミリオンセラータイトルズ』。 6月からFacebookページにも転載していたこちらの、 2012年度ランキングいいね!獲得数ランキングが出ましたので発表させて頂きます。   第10位 31いいね!http://on.fb.me/VlJ4zQ     第9位 34いいね!http://on.fb.m...
いよいよ今年もあと数日となって参りました。せっかくの年の瀬なので、ジセダイの人気記事をアクセス数順にまとめたいと思います!まだご覧になっていないものがあれば、年末年始にぜひご一読ください。みなさんの、思考のきっかけになれば、幸いです。 それでは〜COUNTDOWN!!(首グルグル) 第5位はこちら!【これが「ゆとり」の完全体】疑似選挙サービスTeens Opinionを8日で作った現役高校生社長 吉田拓巳の青春と挑発“10代の、10代による、10代のための擬似選挙サイト&r...

イケダハヤトさんの新刊を担当させていただきました。

タイトルは『年収150万円で僕らは自由に生きていく』

 

 

この本、別に、

サラリーマンを辞めさせようとか、

フリーランス礼賛ってわけでもなく、

伝えたかったのは「お金の捉え方次第で人生は180度変わる」ということです。

もちろん節約本でもありません。

「自分を過信せよ」 ――後悔しない人生のための「幸福論」  今、幸福ですか?  この問いに対してあなたはどう答えるだろうか。10年後のあなたは、どうだろうか。 「僕は幸福です。とっても幸福。後悔がない」――漫画家で、『資本主義卒業試験』著者の山田玲司さんは言い、後悔なく生きるための方法を語る。対象者は20代まで。「Don't trust over 30と言うが、30代以上は僕も信じない。30を過ぎると家族や会社など"人質"をとられ、物語を背負うから、本当のことを言えなくなる」ためだ。  ...

原発問題や領土問題を、哲学を武器に考える

 哲学というと難しそうでとっつきにくいと敬遠したり、実用性がない道楽だと考える人もいるかもしれない。『日本の問題を哲学で解決する12章』著者で、徳山工業高等専門学校の小川仁志准教授は、「哲学は非常に有益で役に立つ」と話し、現代社会の問題解決に、哲学的な思考の枠組みをあてはめる方法を説く。

   

「年収1000万円」は本当に幸せか 理想の働き方を実現するためのステップ  あなたは、自分の仕事にどんな不満があるだろうか。「給料が安い」「毎日忙しい」「通勤時間が長い」「上司が理不尽」……あげ始めるとキリがないかもしれない。 「自分の働き方が問題だと感じているなら、どんな働き方をしたいのか?」。ビジネス書作家で、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』著者の木暮太一氏はこう問いかける。「問題とは、望んでいる状態と現状のギャップのこと。望んでいる状態が分かってい...
「理屈だけで人を動かそうとしていませんか?」――学生も平社員もノマドも身につけるべき「リーダーシップ」とは  リーダーシップといえば、社長や部長、政治家など、リーダー的な立場にある人のみに求められるものだと思いがちだが、「リーダーシップに肩書きは関係ない」と、経営コンサルタントで、『自分でやった方が早い病』著者の小倉広氏は断言する。リーダーシップは、「集団を一定の方向へ導く影響力」。平たく言うと、人を動かす力だ。学生が友人を動かしたり、新入社員が上司を動かしたり、フリーランスが取引先を説得したり...

星海社新書発売中!既刊書籍情報一覧

FOLLOW US

ジセダイをフォローする

ジセダイは、20代以下の次世代に向けた、行動機会提案サイトです。