• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 【全就活生必読!】面接を突破し、内定童貞を卒業するために -2015夏-

エディターズダイアリー

【全就活生必読!】面接を突破し、内定童貞を卒業するために -2015夏-

大里耕平
2015年08月01日 更新

就活生のみなさん! いよいよ8月1日ですね!

 

こんにちは。僕は星海社の編集者 大里(ブラックエディター)です。

当然といえば当然なんですが、僕はこんな2つ名を授かるような人間なので就活で役に立つことなどなにも言えません


代わりに、この『ジセダイ』からみなさんの役に立つであろう記事を全部掘り返してきたので読んでください!

さらに、就活に使える星海社新書2冊の試し読みもご紹介!

 

2013新卒諸君に告ぐ!!

星海社OBにして星海社新書初代編集長 柿内芳文さんのブログ。

すべて一次面接で落とされる就活弱者だった自身の経験から編み出した実践的なノウハウが書かれています。

 

『就活の神様』(WAVE出版)×『面接ではウソをつけ』(星海社新書)スペシャル対談【第1回】!

『就活の神さま』(WAVE出版)著者・常見陽平さんと『面接ではウソをつけ』(星海社新書)著者・菊原智明さんのスペシャル対談。

著者のお2人が面接での「ウソ」について語ってくださっています。

 

内定をとるのは「前向きで明るい人気者」?

『ジセダイ』編集長 今井雄紀のブログ。

「明るく前向き」ではない人がウソをつかずに内定を得るためのヒントが書かれています。

 

「就活」にびびってるのは、企業も同じ。

『ジセダイ』編集長 今井雄紀のブログ。

前職でリクナビ新規営業を担当していた今井が、新卒採用を行う企業側の内実を記しています。

 

【就活は『内定童貞』に学べ!その1】業界に片足を突っ込んだ学生のウザさ

『ジセダイ』編集長 今井雄紀のブログ。

面接官の考えていることの一端がわかる記事です。あなたは面接でこんな受け答えをしていませんか?

 

【就活は『内定童貞』に学べ!その2】社会人との飲み会こそ、最高の面接トレーニングである!

『ジセダイ』編集長 今井雄紀のブログ。

この記事の結論はタイトルに書いてありますね。これは本当にその通りだと思います。必読!

 

【就活は『内定童貞』に学べ!その3】相手の土俵に乗らず、「自分の方が詳しいこと」を話す!

『ジセダイ』編集長 今井雄紀のブログ。

「自分が就活生だったときに読めていれば……」と特に強く思った記事です。

たまたま上手くいった面接を思い返すと、自然とこれが出来ていたからだと気付きました。

 


星海社新書は全て試し読みが可能!

 

勝つための「戦術」がなければ、弱者は必ず負ける
この本は弱者のための本です。「一流大生」「コミュニケーション能力ばつぐん」「凄い経験の持ち主」といった就活強者ではなく、「二流大生」「内気・ねくら・コミュ力ゼロ」「サークルとアルバイト以外、何もしてこなかった」といった就活弱者の人たちが、どのようにすれば面接をクリアして、内定という「勝利」を勝ち取ることができるか、ということについてお伝えしていきます。弱者が「ありのままの自分」で勝負していてはお話になりません。徹底的に「ウソ」をつかなければ、ライバルと同じ土俵にすら立てないのです。あなたの就活、そして将来的には仕事のスタイルすら根本から変えてしまう1冊になることを、お約束しましょう。

 

 

 

 

 

 

『内定童貞』中川 淳一郎

 

本質を見極めれば「就活」はそこまで怖くない
学生は、就活への恐怖を肥大化させ過ぎている。インターンに行かなくても内定はとれるし、面接で話す内容は立派でなくてもいい。合否は能力ではなく、相性で決まる。第一志望に通らなくても、中途採用で入ればいい。面接官にもバカはいるし、人事は味方だ──。大切なのは、美辞麗句に隠れた「企業の本音」を知ることと、社会人と「普通に」話せるトレーニング(方法は本文にて紹介する)をしておくこと。そして、すぐバレるような「ウソをつかない」ことだ。これさえできれば、就活は怖くない。誰もが未経験(=童貞)であるがゆえ、不安まみれになる就活。キツイ数ヶ月になるが、本書を読んで気持ちを軽くし、乗り切ってもらいたい。

 
 
 
 
 
 
 
 

アシスタントエディター

大里耕平

映像編集から本の編集者へ 闇夜に紛れて暗躍するブラックエディター

大里耕平

ツイッターを見る

星海社アシスタントエディター。
1990年(平成2年) 神奈川県生まれ。男子校出身(高校3年間)。夜型人間。法政大学デザイン工学部建築学科を卒業後、エンジニアになるべくWEB制作会社へ。まさかの映像部配属の結果、撮影・動画編集・イベント運営などの業務に従事し人間性を捧げる。怒涛の2年間を経て激務に耐えうる鋼の心身を手にする。2015年5月、星海社に合流。

エディターズダイアリー

投稿者