• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 内定童貞

星海社新書

内定童貞

中川淳一郎 
2015年02月18日 更新
『内定童貞』中川淳一郎
<内定童貞>のPOP

内容紹介

本質を見極めれば「就活」はそこまで怖くない
学生は、就活への恐怖を肥大化させ過ぎている。インターンに行かなくても内定はとれるし、面接で話す内容は立派でなくてもいい。合否は能力ではなく、相性で決まる。第一志望に通らなくても、中途採用で入ればいい。面接官にもバカはいるし、人事は味方だ──。大切なのは、美辞麗句に隠れた「企業の本音」を知ることと、社会人と「普通に」話せるトレーニング(方法は本文にて紹介する)をしておくこと。そして、すぐバレるような「ウソをつかない」ことだ。これさえできれば、就活は怖くない。誰もが未経験(=童貞)であるがゆえ、不安まみれになる就活。キツイ数ヶ月になるが、本書を読んで気持ちを軽くし、乗り切ってもらいたい。

 

『内定童貞』刊行記念 脱・童貞対談

こちらも合わせてご覧ください!

【就活は『内定童貞』に学べ!その1】業界に片足を突っ込んだ学生のウザさ

【就活は『内定童貞』に学べ!その2】社会人との飲み会こそ、最高の面接トレーニングである!

【就活は『内定童貞』に学べ!その3】相手の土俵に乗らず、「自分の方が詳しいこと」を話す!

【日本中の人事に嫌われてもいい!】就活が楽になるコツを、元リクルート人事が解説

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル内定童貞
著者中川淳一郎 
ISBN978-4-06-138566-5
発売日2015年02月25日
定価840円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

中川淳一郎

中川淳一郎

ツイッターを見る

ライター、編集者、PRプランナー。1973年生まれ。東京都立川市出身。一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターになり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者となる。主な著書に、当時主流だったネット礼賛主義を真っ向から否定しベストセラーとなった『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)、『夢、死ね!』(星海社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。割りと頻繁に物議を醸す、無遠慮で本質を突いた物言いに定評がある。ビール党で、水以上の頻度でサッポロ黒ラベルを飲む。


星海社新書 最新刊情報