• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

広報の築地(@seikaisha_kt)です。   全国の日本酒好きのみなさん、こんにちは。 やっと準備が整いました。   星海社オリジナル日本酒「星乃海」、販売開始!!   これまで、京都でのこんなイベントや、徳島でのこんなイベントでの試飲にてお楽しみ頂いたこの銘柄。 もうご存じの方も多いですよね。 星海社新書『白熱日本酒教室』から飛び出した、星海社オリジナル日本酒がこの「星乃海」。   鮮やかなブルーの瓶は、『白熱日本酒教室』著者の杉村啓さん(むむ教授...
乱入してくれた、かもめブックス店主柳下さんと、弊社副社長太田(左側で見切れています)   どうも、こんにちは。星海社の今井雄紀です。しつこいようですが、「会いに行ける編集長」の話をさせてください。だって、 「9/30までに、この放送発の企画が発売決定しなければ、ジセダイ編集長退任」*詳しくは前回のブログで  なんです。切実です。 さて、第7回となった先週、はじめてニコニコ生放送を使ってライブ放送をしたんですが、これがもう、「最高」のひとことでして…&helli...
※第一回はこちら   朝のモヒンガー  一夜明け、ヤンゴン滞在二日目。 起床して顔を洗おうとすると、水道の水が濁っている。2、3分ほど出しっ放しにすると正常になったので、洗顔を済ませて食堂に向かう。 昨日は疲れ気味だった梶田さんと御簾納さんは元気を取り戻したようで、朝からモヒンガーをもりもりと食べている。 モヒンガーというのは、簡単にいうとナマズ出汁のビーフンである。香辛料やナムプラーを好きなように投入して、好みの味にして食べる。 ナマズはエーヤワディー川流域のポピュラーな食材なので、...
どうも、こんにちは。星海社の今井雄紀です。 先週、ブロガー、イケダハヤトさんの「最近個人的に注目している、1986年生まれの編集者5人」という記事に「ジセダイ編集長」として取り上げて頂き、驚きました。大変ありがたいことだなと思うと同時に、このままだとイケダさんの期待を裏切ってしまうのではないか……と心配しています。今ぼくは、その地位を失おうとしているからです。 3月の末からスタートした「会いに行ける編集長」。常時アクセスしてくださる方は10人と少しぐらいで(延べ人数...
珍妙な四人組、ミャンマーに降り立つ 「スモーキング、オーケー?」 タクシーの助手席に座る、梶田さん(マフィア梶田、ゲームライター)が聞いた。このタクシーは日本の中古車で、「車内禁煙」のシールが貼られたままになっている。 運転手は苦笑いしながら「As you like」と言ったが、梶田さんはうまく聞き取れなかったようだ。「好きにしろって言ってますよ」 真後ろに座っていた高口さん(高口康太、中国語翻訳者・ライター)が通訳する。丸々と肥満した高口さんは、すでに首回りに汗をにじませている。暑い。まだ午前...