• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 情報解禁! 単行本『ゆかいなお役所ごはん』『ゆかい食堂セレクション お肉編』発売間近!

エディターズダイアリー

情報解禁! 単行本『ゆかいなお役所ごはん』『ゆかい食堂セレクション お肉編』発売間近!

築地教介
2015年04月19日 更新

広報の築地(@seikaisha_kt)です。

先日、制作中のカバーイラストを公開した単行本『ゆかいなお役所ごはん』『ゆかい食堂セレクション お肉編』

いよいよ、正式に情報解禁です! 初出しです!

カバー、そして帯もまとった最終ビジュアルをお届けします。


まずは、『ゆかいなお役所ごはん』


星海社COMICS『ゆかいなお役所ごはん』

著者:くらふと

定価:880円(税別)

ISBN:978-4-06-369531-1

発売日:2015年5月8日 *発売はお住まいの地域によって異なります。

Amazonはこちら


帯コメント「お役所の職員食堂で、ごはんを食べよう!!」、ここにすべてが込められています。

取材してわかったお役所ごはんの実態。それは、「一般の人が入れないんでしょ?」「安いだけ?」という一般的なイメージとは大きく違い、考え抜かれたメニューや地元食材を使った取り組みが活発で、そしてなにより美味しい! 個性的な料理長や、取材時の雰囲気も存分に堪能できる一冊に仕上がりました。


そして、同時刊行の『ゆかい食堂セレクション お肉編』


星海社COMICS『ゆかい食堂セレクション お肉編』

著者:くらふと

定価:880円(税別)

ISBN:978-4-06-369532-8

発売日:2015年5月8日 *発売はお住まいの地域によって異なります。

Amazonはこちら


あっ! と思われた方、多いのでは?

そうです、帯です、帯! 帯だけ再掲しちゃいます。

水沢悦子先生、絶賛!!

あの大人気グルメ漫画『花のズボラ飯』(秋田書店)作画ご担当で、いま”日本一女の子をかわいく描ける漫画家”と言われている水沢悦子先生が、『ゆかい食堂セレクション お肉編』に大興奮!! 本書の帯に、なんと描き下ろしのイラストと、”肉欲たっぷり"な推薦コメントを頂きました!

さあみんなでご一緒に……

 

あぁあ、悦子も肉めぐりしたい!!

 

……お腹空いてきましたね。くらふとさんの情報公開は、いつもお腹が空いてそれはもうたいへんで……。

 

さて、この2冊購入による特典も準備中です。

COMICZINさんにてお買い上げのみなさまに、オリジナルイラストカードが付いてきます!

1タイトルにつき1枚付いてきますが、今回のポイントは同時刊行。そうです、2タイトルのイラストカードを並べると……! というお楽しみがあるのです! これはどちらも買うしかないですね。続報はジセダイのツイッター等、チェックしてみてください。

くらふとさんがこれまでWebで連載されてきた漫画の、柔らかく、それでいてシズル感のあるテイストを、単行本という誌面にて鮮やかに再現しました。また、これまで見ることのできなかったカラーページや、描き下ろしページも掲載しております。KOMEWORKSさんによる単行本全体のデザインワークにもぜひ、ご注目ください!


5月8日(金)から書店さんに並びます! 楽しみにお待ちください!


くらふとさん連載情報

・『ゆかいなお役所ごはん』

 星海社Webサイト「ジセダイ」にて好評連載中!

・『ゆかい食堂』

 グルメ情報サイト「マカロニ」ブログ「ギャラリークラフト」にて好評連載中!

くらふとさん自身のブログ「ギャラリークラフト」では、これら連載の最新情報等、更新中です!

広報

築地教介

印刷営業から戦う出版社へ ライブ狂いのアクティブ広報

築地教介

ツイッターを見る

星海社広報担当。
1977年11月17日生まれ、O型。東京都八王子市出身。立教大学社会学部産業関係学科を卒業後、凸版印刷株式会社に入社。凸版印刷へ入社以来13年間、出版社を得意先とする営業を経験。数多くの編集者に刺激を受ける。出版というフィールドで躍動する夢を実現させるため、ミニマムな組織で大胆に戦う星海社に、2014年4月、合流。音と映像をこよなく愛し、インディーズ、メジャーを問わず、全国のライブハウスを今も駆け巡る。好きな言葉は「疾風勁草」。

エディターズダイアリー

投稿者