• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー

エディターズダイアリー

ジセダイエディターたちの、日々の動きがわかるブログです。編集者としての活動報告とともに、日々何を考え、何を生み出そうとしているのかを隠すことなく披露していきます。

星海社の平林です。
今回は、表題の通り安田峰俊氏の新著『知中論 理不尽な国の7つの論理』について書いてみようと思います。


(試し読みはこちらから)

こんにちは、広報の築地です。 さて、少しずつ告知をしてきましたが、この9月をもって星海社新書は3周年を迎えます! 星海社新書、8月刊の2タイトル、『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』(中川 淳一郎)、『弁護士が勝つために考えていること』(木山泰嗣)、そして9月刊の『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』(原田実)と、3タイトル連続重版中! そうです。いま、完全に追い風吹いてます。 そのようななかで、3周年を迎えることができる喜び。 新米広報の僕が言うのも大変恐縮なのですが、著...
おかげさまで、『夢、死ね! 若者を殺す自己実現という嘘』が売れております。 発売してすぐ重版がかかり、帯も新調しました。ありがとうございます!   『夢、死ね!』は、たくさんの人に「どうしてこのタイトルになったの?」と聴いて頂きます。 いい機会なので、「新書編集者はどうやってタイトルを決めているのか?」について、 書いてみようと思います。   『百合のリアル』も、『選挙フェス』も、『キャバ嬢の社会学』も、 『戦略的上京論』も、『アニメを仕事に!』も、『「学問」はこんなにおもし...
こんにちは、広報の築地です。 急に肌寒い日が到来し、面食らってます。 そんななか、嬉しい情報をひとつ。 以前にちらっと告知した重版情報。 その続報をお伝えします! 星海社新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』中川淳一郎 星海社新書『弁護士が勝つために考えていること』木山泰嗣 この2タイトル、無事2刷が出来上がりました! まもなく書店さん等でも並びますので、お待ちくださいね。 そして、この重版に合わせて2タイトルともに、帯を新調しました。 それぞれ、変更した意図を踏まえな...
こんにちは、広報の築地です。 本日、さやわか×東浩紀×海猫沢めろん鼎談「10年代の状況とコンテンツ」イベントレポートをアップしました。 このイベントは、ゼロ年代以降のポップカルチャーについて論じた『一〇年代文化論』を上梓したさやわか氏が、毎月ゲンロンカフェで行っているイベントに、ゼロ年代ポップカルチャーの結晶とも言える奇書『左巻キ式ラストリゾート』が復刊されたばかりの海猫沢氏、そして、ゲンロンカフェのオーナーであり、『左巻キ式』に解説を寄せた東氏の三氏が参加するという形...
2014年08月25日 更新
*ジセダイにて連載「続・江戸しぐさの正体」、更新中です。是非、このブログと合わせてご覧ください。 最新回はこちら! 第12回:芝三光の特別講義② 昭和10年代の思い出 こんにちは、広報の築地です。 突然ですが、みなさん「江戸しぐさ」ってご存知でしょうか? お恥ずかしながら、僕自身、このタイトルを弊社から出すまでは、その名称と教育関連の何か、という程度の知識しか持ち合わせておりませんでした。 そのタイトルとは、星海社新書『江戸しぐさの正体 教育をむしばむ偽りの伝統』。 著者は、歴史研究家、そ...
『俺の屍を越えてゆけ』という、「ある一族の系図」がテーマのゲームがあります。 この、ちょっとぐっとくるCMのやつです。     この名作の「2」が先日発売になりまして、最近ちょこちょこプレイしてるんですが、 その最中に「僕らの子孫は、祖先である僕らのことをググるかもしれない」ということに気づき、 ちょっと楽しみで、ちょっとおそろしくなりました。   学校の授業で、 「今日は、みんなのひいおじいちゃんの名まえをけんさくしてみましょう」なんて課題が 出る日が来る気...
私たちは「訴訟」のことをなにも知らずに生きている   こちらのブログではお久しぶりです。アシスタントエディターの山中です。   突然ですが皆さん、訴えようと思ったことはありますか? もしくは訴えられそうになったことはありますか?  twitterをはじめ、facebookやLINEなど、コミュニケーションがインターネットの発達とともに身の回りから世界へ発信されるようになった結果、かつての生活からは想像もつかないようなトラブルが発生するような世の中になってしまいました...
2014年07月15日 更新
こんにちは、広報担当の築地です。 さて、ジセダイにてスタートした新連載。 そのうちの2つの連載「アジアIT闇鍋紀行」、「ゆかいなお役所ごはん」。 どちらも満を持して、本日2回目の記事をアップしました! 本日は、その更新されたばかりの記事をご紹介しますね。 この道12年のアジア専門ITライター・山谷剛史がお届けする突撃連載、更新。 第2回目は、タイです! それも潜入先は、ゴーゴーバー。そうです、あのゴーゴーバーですよ。 男子は期待感、高まりますよね。 ゴーゴーバーもさることながら、この記事...
こんにちは、広報担当の築地です。本日、無事スタートを切りました『ジセダイ』の三つの新連載。すでに多くの方に閲覧して頂いております。ありがとうございます!今後も『ジセダイ』Twitter、Facebookはもちろん、執筆陣の方々からも情報を発信していきますので ご注目ください。さて、この3つの連載の注目すべき点。それは、いままさに目の前で起こっている世の中の動きと連動しているという点です。タイムリーな事象に切り込む、その切り込み方がひと味もふた味も違います。 そして記事を読んで頂いたみなさんが、意...

星海社新書発売中!既刊書籍情報一覧

FOLLOW US

ジセダイをフォローする

ジセダイは、20代以下の次世代に向けた、行動機会提案サイトです。