• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』が〈新書大賞2019〉第2位に入賞!

エディターズダイアリー

隠岐さや香『文系と理系はなぜ分かれたのか』が〈新書大賞2019〉第2位に入賞!

石川詩悠
2019年02月08日 更新

嬉しいお知らせです!
読者のみなさまに大好評をもって受け止めていただいている、隠岐さや香さん著文系と理系はなぜ分かれたのか』(星海社新書)が、中央公論新社主催の新書大賞2019にて、このたび第2位の栄誉に浴することとなりました!

まずは、著者の隠岐さんからお預かりしたコメントをお届けします。


書いているとき、この原稿はもう終わらないのではないかと感じたことがありました。それが多くの方に支えられて世に出て、思いがけず様々な方に手にとって頂けました。それゆえに今回の受賞はとても嬉しい驚きです。
本書では、欧米や日本の文系・理系、ジェンダーと文系・理系など、様々なトピックを扱いましたが、根底にあったのは「どういう経緯でこんなことになったのか」という気持ちでした。よくわからないまま文系・理系で進路選択をして、ゲームをクリアするように試験を受ける。人によってはそれで一生に影響がでる。その不透明で不可解な現実の背後に何があるのかを少しでも理解したい。そんな気持ちが形になった本であったと思います。
また幸運にも、この四半世紀は学問全体の歴史について研究が進んだ時代でもありました。その蓄積があったからこそ、私も新書をまとめることに挑戦できました。
これからも世界は変わっていきます。とりあえず入試制度や科学・技術・イノベーション政策に関しては2020年をめどにまた大きな動きがありそうです。物事の変化の速度に目眩がしそうな気持ちになるときもあります。
しかし、現代だけが特別だとあまり思いすぎない方がよいでしょう。何か目立った変化が起きるとき、その背後にはしばしば、数年どころか数十年のスパンで、それを準備してきた人びとや事象が存在するものです。
本書が読者の方にとって、学問の過去や未来に思いを馳せる一つの機会となれば幸いです。

隠岐さや香




また、今回の入賞を受けて新オビを制作

文系と理系はなぜ分かれたのか』は、少し広くなったオビを巻いて、装いも新たに発売中です!
(大々的に展開していただいている書店さんもあるようです......! 店頭で見かけたら、ぜひ手にとってみてください!)


昨年8月の刊行以来、本書には称賛の声や新聞各紙・雑誌各誌での高評が寄せられつづけてきました。
昨夏には東大駒場生協で新書売上1位を獲得し、そしてこのたび、錚々たる書目が並ぶなかで〈新書大賞2019〉第2位に輝くこととなりました!

これもひとえに、読者のみなさま、書店員のみなさま、そしてご投票いただいたみなさまのおかげです。
深く御礼申し上げます。ありがとうございました!

アシスタントエディター

石川詩悠

ゴールマウスの次は出版の未来を守ります

石川詩悠

ツイッターを見る

星海社アシスタントエディター。
1991年静岡県静岡市生まれ。小中高とサッカー漬け、ポジションはゴールキーパー一筋。物心つかない頃からの清水エスパルスサポーター。早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系卒業。大学で文芸批評などを勉強しつつ、ミニコミ誌『BLACK PAST』に参加する。何者にもなれなさそうなまま大学卒業を控えるタイミングで星海社の募集を知り、副社長の「20人の優れた編集者で世界は変わる」宣言に心揺さぶられて2015年3月より合流。

エディターズダイアリー

投稿者