• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 思い出になった「ユーゴー書店」

エディターズダイアリー

思い出になった「ユーゴー書店」

山中武
2011年12月08日 更新

大阪の老舗書店・ユーゴー書店さんが先日閉店されたそうです。

 

さよならユーゴー書店 - Togetter

 

実家から自転車で15分ぐらいのところにあった地元の書店さんだっただけに非常に残念。

高校生に上がる頃ぐらいまでは日常的に電車に乗って難波や梅田方面まで出かけるようなことも少なかったので、もっぱら天王寺付近で遊んでいたこともあり、ユーゴー書店さんにはかなりお世話になっておりました。

特に中学生にあがる頃に『ダンスダンスレボリューション』や『ドラムマニア』がおおいに流行ったので、ユーゴー書店の隣のゲーセンまで100円玉を握りしめて遊びに行ってたのを思い出します。

 

ところで、弊社社長の杉原さんが言っててなるほどなぁと思った話に「書店のステップアップ」というのがあります。

大雑把に書くと「自分のレベルに書店のレベルが一致してることが大事」という話なのですが、確かに僕が小学生の頃に一番よく通ってた書店って20m^2ぐらいのお店で、中学、高校と歳を重ねるごとに、通ってた書店のサイズもだんだん大きくなっていった気がするのですよね。

そう考えると、ユーゴー書店さんは小学生の時分に割と背伸びをして行くような書店だったと記憶しています。

 

思い出になった書店が、また、ひとつ。

こうやって痛みも伴いながら、ジセダイを向いていかないといけないのだろうなぁ。

 

いずれにせよユーゴー書店さん、いままでありがとうございました&おつかれさまでした。

エディターズダイアリー

投稿者