• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 小池一夫の創作哲学の結晶!永遠に不滅なキャラクターの創り方 ≪へンしン・パ!≫

エディターズダイアリー

小池一夫の創作哲学の結晶!永遠に不滅なキャラクターの創り方 ≪へンしン・パ!≫

櫻井理沙
2018年03月23日 更新
3月23日から、3月の星海社新書が発売開始となります!
今月は、過去最多の5冊刊行!

ラインナップはこちらをご覧下さい。

さて、その中から、私が担当した小池一夫先生の新刊を紹介いたします!
1月に出た≪まンげン・ピ!≫の続刊、

小池一夫のキャラクター進化論(2)
変化と進化のスーパーキャラクター

略して≪へンしン・パ!≫です!!!




IMG_1715.jpg


並べて見ると、すごいボリューム......!
(≪まンげン・ピ!≫は全272ページ、≪へンしン・パ!≫は全352ページです。)

当初は、「漫画原作の書き方」をテーマに1冊で出す予定だったのですが、
執筆を進めてもらううちに原稿の量がどんどん増えていき、2冊になりました(裏話)。



小池先生はこれまでも、その創作哲学=キャラクター論を何度も発表されてきていますが、
本作はその集大成ともいえる「キャラクター『進化論』」。

創作哲学を何度も発表しているということは、その都度、更新されているということです。

「キャラクター進化論」はその最新版にして完全版!



今回『進化論』と銘打っているのは、時代の移り変わりに合わせて、
キャラクターそのものも、創作も、どんどん変わっていく、変わらなければならない、
というメッセージが込められています。





私は何度か小池先生の授業やイベントにお邪魔したのですが、
毎回、今の社会状況や流行、新しい漫画のお話を交えながら、
普遍的な「キャラクター」を説いていらっしゃいました。

例えば、ここ数年で面白かった作品のひとつとして、『聲の形』を挙げられて、
どこが素晴らしかったか、コマやセリフを具体的に指摘しながら紹介してくださったり。

『ゲゲゲの鬼太郎』が、今年また何度目かのアニメ化をされるという話題がでると、
鬼太郎や猫娘がどんなふうに変化してきたのかを解説してくださったり。

≪まンげン・ピ!≫は、「漫画原作の書き方」を中心に据えつつも、
あらゆるエンターテイメント作品の骨子の作り方に通じる創作論。

≪へンしン・パ!≫には、漫画に限らず、
これからも絶えず求められるキャラクターを創造するためのエッセンスが詰まっています。



≪へンしン・パ!≫では、小池先生の創作の極意は、
7つの「三位一体」原則としてまとめられています。

すなわち、7つの創作のポイントはすべて3つのキーワードで語ることができる、ということ......!!
そして、そのひとつひとつがとっても濃い......!!

一度に全部頭に入れるというよりは、キャラクターや創作に行き詰まったとき、
本書をパラパラとめくってみてください。
かならずどこかに、その悩みに答えるための「ヒント」があるはずです。



「キャラクター進化論」は、小池一夫先生から、
これから創作の世界で生きていこうとする若い世代のクリエイターへのエールなのです!

アシスタントエディター

櫻井理沙

知らないことこそ面白い。プロの素人エディター。

櫻井理沙

アシスタントエディター。1987年生まれ、群馬県出身。高卒でアパレル企業に入社するも大学進学を諦められず24歳でお茶の水女子大学に入学。西洋史学を専攻する。その後、東京大学大学院へ進学。演劇と装飾写本を愛するロマンティスト。

エディターズダイアリー

投稿者