• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > これがワイのPPAPや!

エディターズダイアリー

これがワイのPPAPや!

平林緑萌
2017年01月25日 更新

ハローエブリワン。

平林です。



つい先日、年明け1発目となる『野食のススメ』の取材が終わったのですが......。

波、ヤバかった。

......とはいえ、ゲストの活躍もあって、日本の国民食であるところのアレができあがりました(端的に言って、たいへん美味しゅうございました)。

取材当日の苦戦っぷりなどは2月3日に更新されるはずの記事で読んでいただくとして、今日は僕のPPAPをご覧ください。


ニュニュ。

これは「ペール・ラバ」というラムです(カルロ・ゼン先生ありがとうございます)。

数年前までは、おじいちゃんが一人で作っていて、「雨水で加水し、素手でかき混ぜていた」という豪快な逸話を持つ、フランス海外県マリーガラント島のラム。

アグリコール製法(詳しくは各自Google先生にお尋ねください)で作られた、がつんとした味わいが特徴。

僕はこのままストレートでもいいけど、せっかくなのでカリブではメジャーな漬けラムにしてみましょう。

ヌッ。りんご。

ヌッ。パイナポー。

というわけで......。




〜♪

I have a PELE LABAT.

I have an apple.

ummm

(中略)



PELE LABAT -pineapple-apple-pot!

(はずかしい)



ちなみにこいつ、次回の野食会に持っていくつもりですが(残念ながら募集は締め切られている模様)、ものすごく美味しいものができたので、毎晩ちょっとずつ飲んでしまっているわけです。

野食会まで残ってるかな......。

カルロ・ゼン先生に改めて感謝の意を表するものであります。

『約束の国』(全4巻)絶賛発売中! 『幼女戦記』はアニメもやってるぞ

エディター

平林緑萌

雑誌、小説、ノンフィクション……釣り竿片手になんでも作る!

平林緑萌

ツイッターを見る

星海社エディター。
1982年奈良県生まれ。立命館大学大学院文学研究科博士前期課程修了。書店勤務・版元営業を経て編集者に。2010年7月、星海社に合流。歴史と古典に学ぶ保守派。趣味は釣りと料理。忙しいと釣りに行けないので、深夜に寂しく包丁を研いでいる。

エディターズダイアリー

投稿者


星海社新書発売中!既刊書籍情報一覧

FOLLOW US

ジセダイをフォローする

ジセダイは、20代以下の次世代に向けた、行動機会提案サイトです。