• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 点滴に繋がれてでも〆切は守る、とライターは言った

エディターズダイアリー

点滴に繋がれてでも〆切は守る、とライターは言った

石川詩悠
2015年07月21日 更新

こんばんは。アシスタントエディターの石川(@seikaisha_iskw)です。
ジセダイのエディターズダイアリーでは初投稿ですね。以後お見知りおきを!


さて、星海社新書夜話vol.4「書き続けるための生存戦略“記名で本・記事を出すライターは何が違うのか”」のイベントレポートが前後編で公開されました!

「繁忙期は何も食べない」「〆切は絶対に守る」「打ち合わせは相手の会社で」――指名で仕事のくる若手敏腕ライターは何が違うのか?(前編)
「繁忙期は何も食べない」「〆切は絶対に守る」「打ち合わせは相手の会社で」――指名で仕事のくる若手敏腕ライターは何が違うのか?(後編)

 


早速多くのアクセスをいただいていてありがたい限りです!


このレポート、「ウェヒヒ、このテーマだったら気になってるひとは多いだろうしアクセス稼げそうだぞ〜〜〜」などと思いながらまとめ始めたんですが、「〆切は守る」「要するに〆切は守る」「やるべきことはやれ」と自分が言われているようでなぜか胃が痛く……おかしいな……。

と、とりあえず最前線の編集部ブログとエディターズダイアリーをきちんと更新するところから始めます……。


どうもタイトルから〆切推しのような感じになってますが、どこを切っても「使える」ネタ満載の記事だと思います。
しかもライター・ライター志望者だけでなく、あらゆる職業にとって。
僕自身も、社会人になって早いタイミングで知れて得したな〜と思うことばかりでした。

 

というわけでみなさま、イベントレポート(と石川のエディターズダイアリー)をどうかよろしくお願いいたします!!

アシスタントエディター

石川詩悠

ゴールマウスの次は出版の未来を守ります

石川詩悠

ツイッターを見る

星海社アシスタントエディター。
1991年静岡県静岡市生まれ。小中高とサッカー漬け、ポジションはゴールキーパー一筋。物心つかない頃からの清水エスパルスサポーター。早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系卒業。大学で文芸批評などを勉強しつつ、ミニコミ誌『BLACK PAST』に参加する。何者にもなれなさそうなまま大学卒業を控えるタイミングで星海社の募集を知り、副社長の「20人の優れた編集者で世界は変わる」宣言に心揺さぶられて2015年3月より合流。

エディターズダイアリー

投稿者