• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 『優秀な同僚は、社外で嫌われている』

エディターズダイアリー

『優秀な同僚は、社外で嫌われている』

今井雄紀
2015年02月09日 更新

仕事をしてると時々「嫌な担当者」って、いますよね。
※今現在、このようなストレスを感じているわけではありません。

蟻の眉間を狙うかのような細かさでミスを指摘してきたり、
前期のマニフェストをなかったことにする政治家のような棚上げ力で
自分のミスをひねりつぶしたりするような、
そんな方です。

こういう人、外から見ると「なんて嫌なやつなんだ!」となるのですが、
社内では「優秀」で通っていたりもします。
相手に何かしらのストレスを与える代わりに、
自分の所属する組織にうまみを持ってきているわけです。

別にいい人ぶる気はないのですが、
気の小さいぼくはこの「嫌われても○○」ができません。
滋賀県出身だからから、できるだけ「三方良し」でいきたい。

そんななので、そういう人にけっこうあこがれます。
『優秀な同僚は、社外で嫌われている』
みたいな本があったら、買ってしまうかも。

ぼくと同じように思う人、
けっこういらっしゃるのでしょうか。
たくさんいらっしゃるとすれば、
そうでない人が出世するでしょうし、
『優秀な同僚は、社外で嫌われている』なる本にも、
需要が生まれてくることになります。

企画してみようかな。

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者