• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 「シメ」を開発したい

エディターズダイアリー

「シメ」を開発したい

今井雄紀
2015年01月07日 更新

 

まだ5日ですが、ブログを毎日書いていて困ることが二つあります。
ひとつは「ネタ」、もうひとつは「シメ」です。
なんだかお寿司みたいですね。
 
ネタはまあ、言わずもがなですね。
毎日、何ついて書くか考えながら暮らしています。
これはもう、続ける限り解決のしようがない問題でしょう。
 
シメは、ブログの最後に付ける一言のことです。
 
「じゃあの」とか、
「そんじゃねー」とか、
「今日も、ほぼ日に来てくれてありがとうございます」とか、
そんなやつです。
 
こういうの欲しい!
上記3つなんかは、本当に発明品だと思います。
 
あらゆる流れをぶった切れて、
それでいて不自然でなく、
カドがたたないうえ、
オリジナリティまである。
 
お三方は、どうやってこの境地にたどり着かれたんでしょうね。
そんな理想のシメを思いつくことも、
今年の目標にしたいと思います。
 
もしかしたら、そういうの関係なく、
好きなときに好きなタイミングで追われる、
心の強さを身につけるほうが肝要なのかもしれないけれど。
 
今日も、ジセダイに来てくれてありがとうございます。そんじゃーの。

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者