• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 『夢、死ね!』『弁護士が勝つために〜』、帯を新調!

エディターズダイアリー

『夢、死ね!』『弁護士が勝つために〜』、帯を新調!

築地教介
2014年08月27日 更新

こんにちは、広報の築地です。
急に肌寒い日が到来し、面食らってます。

そんななか、嬉しい情報をひとつ。
以前にちらっと告知した重版情報
その続報をお伝えします!



星海社新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』中川淳一郎


星海社新書『弁護士が勝つために考えていること』木山泰嗣



この2タイトル、無事2刷が出来上がりました!
まもなく書店さん等でも並びますので、お待ちくださいね。

そして、この重版に合わせて2タイトルともに、帯を新調しました。
それぞれ、変更した意図を踏まえながらご紹介しますね。


星海社新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』中川淳一郎


インパクトの強いタイトルがもちろん効いている1冊ではあるのですが、今回の帯では本書が届けたい本質的な部分がみなさんへ伝わるように作成しました。バリバリと働いている社会人のみなさんに是非手に取って頂きたいですね(もちろん、これから社会に出る学生のみなさんにも手に取って頂きたいです)。

 

星海社新書『弁護士が勝つために考えていること』木山泰嗣


自分も含めて現代に生きているみなさんの周辺には、過去には想像もつかなかったようなリスクが潜んでいる、そんなセンシティブな世の中ですよね。誰もが「訴えられる」もしくは「訴える」という局面にいつ直面するかわからない。以前の帯文言は「訴えられる!!!」、そして今回は「訴えてやる!!!」。つまりいずれの状況に直面した方々に届けたい1冊、という想いを込めて作りました。ちなみに、リヨさんのイラストは健在ですよ。

いかがでしょうか。
どちらにも共通して言えることは、より多くの方々に手に取って頂きたいという想いです。
ちなみに帯の裏面も、初版とはちょっと趣きが変わっています。
是非、実際にお手に取って確かめてみてくださいね。

それでは!

広報

築地教介

印刷営業から戦う出版社へ ライブ狂いのアクティブ広報

築地教介

ツイッターを見る

星海社広報担当。
1977年11月17日生まれ、O型。東京都八王子市出身。立教大学社会学部産業関係学科を卒業後、凸版印刷株式会社に入社。凸版印刷へ入社以来13年間、出版社を得意先とする営業を経験。数多くの編集者に刺激を受ける。出版というフィールドで躍動する夢を実現させるため、ミニマムな組織で大胆に戦う星海社に、2014年4月、合流。音と映像をこよなく愛し、インディーズ、メジャーを問わず、全国のライブハウスを今も駆け巡る。好きな言葉は「疾風勁草」。

エディターズダイアリー

投稿者