• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > イベント > 【中川淳一郎×曽和利光】『内定童貞...

イベント

【中川淳一郎×曽和利光】『内定童貞』刊行記念「就活こわくない会議@B&B」

2015年02月06日 更新
【中川淳一郎×曽和利光】『内定童貞』刊行記念「就活こわくない会議@B&B」

ジセダイイベントとは

星海社の送る行動機会提案サイト「ジセダイ」の主催するイベントです。本を読むだけでも、それを自分ごと化して思考するだけでも、本当の意味では何も変わりません。すべての変化は、“行動”から始まります。読んで、考えて、動く。これを一気通貫で提供するのが、ジセダイであり、その根幹となるのがイベントです。編集部一同、あなたに会えるのを楽しみにしています。


就活は怖くない

学生は、就活への恐怖を肥大化させ過ぎている。

インターンに行かなくても内定はとれるし、

面接で話す内容は立派でなくてもいい。

合否は能力ではなく、相性で決まる。

第一志望に通らなくても、中途採用で入ればいい。

面接官にもバカはいるし、人事は味方だ——。

 

大切なのは、美辞麗句に隠れた「企業の本音」を知ることと、

社会人と「普通に」話せるトレーニング(方法は当日紹介する)をしておくこと。

そして、すぐバレるような「ウソをつかない」ことだ。

これさえできれば、就活は怖くない。

 

誰もが未経験(=童貞)であるがゆえ、不安まみれになってしまう就活……。

この日さまよう就活生を安心させるべく、

自身最初で最後となる(それゆえに、遠慮無く書き切った!)就活本

『内定童貞』を上梓した中川淳一郎と、

『就活「後ろ倒し」の衝撃』著者であり、

就活・人事のスペシャリストofスペシャリスト曽和利光が登壇!

司会は、星海社の編集で、新卒でリクナビの法人営業をしていた今井雄紀が務める。

 

笑って、ホッとして、強くなれる。

そんな2時間をお届けします。

全就活生、集合!!

※この日発売の『内定童貞』を買って頂くことができます。

※社会人でも、興味がある方は是非。

 

イベント詳細

日時:2月25日(水) 20:00~22:00

入場料:1,500円+1ドリンクオーダー500円 

出演:中川淳一郎(ライター、編集者、PRプランナー)

   曽和利光(株式会社人材研究所 代表取締役社長)

   今井雄紀(星海社編集者/「ジセダイ」編集長)

場所:本屋B&B *アクセスはこちら

   世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

 

申し込み方法

予定枚数は終了致しました。お申し込み頂いた皆様、ありがとうございました。

http://bookandbeer.com/blog/event/20150225_bt/

 

登壇者プロフィール

◎中川淳一郎(なかがわ じゅんいちろう)

ライター、編集者、PRプランナー

1973年生まれ。東京都立川市出身。一橋大学商学部卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターになり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々な、ネットニュースサイトの編集者となる。主な著書に、『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)、『夢、死ね!』(星海社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。割りと頻繁に物議を醸す、無遠慮で本質を突いた物言いに定評がある。ビール党で、水以上の頻度でサッポロ黒ラベルを飲む。

 

◎曽和利光(そわ としみつ)

株式会社人材研究所 代表取締役社長、組織人事コンサルタント

京都大学教育学部教育心理学科卒業。リクルート人事部ゼネラルマネジャー、ライフネット生命総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を務め、主に採用・教育・組織開発の分野で実務やコンサルティングを経験。人事歴約20年、これまでに面接した人数は2万人以上。2011年に株式会社人材研究所設立。近著に『就活「後ろ倒し」の衝撃』がある。

 

◎今井雄紀(いまい ゆうき)

星海社編集者/「ジセダイ」編集長

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社し、営業→ディレクターを経験。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。担当作に『夢、死ね!』、『キャバ嬢の社会学』、『アニメを仕事に!』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』(いずれも星海社新書)などがある。尊敬する人物は、小谷正一。

            
イベント終了

コメント

イベント