• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > イベント > 【星海社新書『コミュ障のための面接...

イベント

【星海社新書『コミュ障のための面接戦略』刊行記念】「面接コミュ障」たちよ、集え! 君たちに面接突破の武器を伝授する。曽和利光 × 中川淳一郎 トークイベント

2019年02月18日 更新
【星海社新書『コミュ障のための面接戦略』刊行記念】「面接コミュ障」たちよ、集え! 君たちに面接突破の武器を伝授する。曽和利光 × 中川淳一郎 トークイベント

「面接」という精度の低い採用選考手法で、あなたの才能を埋もれさせない!

星海社新書『コミュ障のための面接戦略』は、これまで2万人を超える就活生に面接を実施してきた著者だからこそ伝えることができる様々な「面接ハック」をまとめた、既存の就活対策本とは一線を画した面接指南本です。

緊張しがちで会話が苦手な、いわゆる「コミュ障」の方々は、とりわけ就職活動における「面接」という場面で苦戦を強いられることが多いのではないでしょうか?

しかし、「面接」は人を判断する精度が低いとデータ的に証明されているレガシーな採用手法なのです。

現状の就活の問題点や仕組みをお話ししつつ、「面接」という精度の低い採用選考手法によってみなさんの貴重な才能を埋もれさせないために、みなさんへ具体的かつ実践的な面接突破法を伝授します。

・面接となると絶対に緊張してしまう。

・社交的でなく、コミュ力や話術に自信がない。

・勉強ばかりして、サークルもバイトも頑張ってない。

・短所ばかりで長所が思い当たらない。

・アピールするような実績や成功の経験がない。

そんな「コミュ障」でも問題ありません。

面接の本質と技術(コツ)を掴めば、必ず内定できます。

そして今回、不安まみれになる就活生の肩の荷を降ろしてくれる就活本『内定童貞』(星海社新書、2015年刊)を上梓頂いた中川淳一郎さんをゲストにお招きします。中川さんからは、人生における「就活」の何たるかを喝破いただき、面接に怯える就活生たちの不安を消し飛ばして頂きます!

就活生のみなさん、肩の力を抜いてどうぞお気軽にご参加ください。

イベント詳細

日時:2019年3月26日(火) 開場 18:30 / 開演 19:00 / 終演20:30(予定)

チケット:1,350円(税込)

場所:青山ブックセンター本店 *アクセスはこちら

申し込み方法:青山ブックセンター本店イベントサイトにて受付中

登壇者:曽和利光(そわ・としみつ)/中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)

登壇者プロフィール

曽和利光(そわ・としみつ)

組織人事コンサルタント。株式会社人材研究所代表取締役社長。リクルート入社後、人事部にて新卒・中途・契約社員採用、育成体系構築、組織開発に携わり、ゼネラルマネージャーとして活躍。その後もライフネット生命保険総務部長、オープンハウス組織開発本部長と、人事・採用部門の責任者を歴任。2011年に株式会社人材研究所を設立し、大企業から中小・ベンチャー企業まで採用や組織人事に関するコンサルティングやトレーニング事業を展開している。著書に『悪人の作った会社はなぜ伸びるのか?』(星海社)、『人事と採用のセオリー』(ソシム)など多数。

中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう)

編集者、PRプランナー、ライター 。1973年生まれ。東京都立川市出身。大学卒業後、博報堂CC局で企業のPR業務を担当。2001年に退社し、しばらく無職となったあとフリーライターとなり、その後『テレビブロス』のフリー編集者に。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などを経て『NEWSポストセブン』など様々なネットニュースサイトの編集者となる。主な著書に、当時主流だったネット礼賛主義を真っ向から否定しベストセラーとなった『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『ネットのバカ』(新潮新書)、『夢、死ね!』、『内定童貞』『謝罪大国ニッポン』(ともに星海社新書)など。無遠慮だが本質を突いた鋭い物言いに定評がある。

書籍紹介

(販売情報)

著者:曽和利光

定価:1100円(税別)

ISBN:978-4-06-515157-0

発売日:2019年2月22日 *お住まいの地域によって異なります

サイズ:新書判

(内容紹介)

コミュ障だからこそ評価されるための面接攻略技術を伝授!

日本企業の新卒採用では、必ずと言っていいほど「面接」が存在します。初めて会った面接官に自分の人生を根掘り葉掘り聞かれる異様な状況に、緊張しないなんて無理な話です。エントリーシートや筆記試験は通っても、面接を突破できない。実力はあるけれど、コミュ力不足で落とされてしまう就活生は後を絶ちません。ですが、実は面接は精度が低いとデータ的に証明されているレガシーな採用手法なのです。しかし日本では未だに重視され続け、ダメ面接官によるダメ面接が横行しています。そこで本書では、面接という魔境で振り落とされてしまうコミュ力に自信のない就活生に向けて、ダメ面接官をイチコロにする劇薬の面接戦略を伝授します。この攻略術を使えば、コミュ障だからこそ内定できる!

(販売情報)

著者:中川淳一郎

定価:840円(税別)

ISBN:978-4-06-138566-5

発売日:発売中

サイズ:新書判

(内容紹介)

本質を見極めれば「就活」はそこまで怖くない

学生は、就活への恐怖を肥大化させ過ぎている。インターンに行かなくても内定はとれるし、面接で話す内容は立派でなくてもいい。合否は能力ではなく、相性で決まる。第一志望に通らなくても、中途採用で入ればいい。面接官にもバカはいるし、人事は味方だ──。大切なのは、美辞麗句に隠れた「企業の本音」を知ることと、社会人と「普通に」話せるトレーニング(方法は本文にて紹介する)をしておくこと。そして、すぐバレるような「ウソをつかない」ことだ。これさえできれば、就活は怖くない。誰もが未経験(=童貞)であるがゆえ、不安まみれになる就活。キツイ数ヶ月になるが、本書を読んで気持ちを軽くし、乗り切ってもらいたい。

            
イベント終了

コメント

イベント