• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > とある就活生からのお礼文

エディターズダイアリー

とある就活生からのお礼文

今井雄紀
2013年07月08日 更新

2ヶ月ほど前、ある学生と会いました。

 

都内の、それ何駅にあるの? とつい聴いてしまうような大学に通う、コピーライター志望の就活生。

とてもさわやかな青年で、「コピーライターっていうよりは営業向きな感じがするなあ」と言ったら、

「よく言われます」と笑っていました。

 

彼と共有した時間は3時間ほどで、共通の友人を介して5人で一度飲んだだけ。

就活の相談をしたい子がいるからと言って友達に呼び出されたものの、

彼は広告代理店志望で僕は編集者、さしてためになる話はできなかったと思います。

 

そんなO君から今日、「おかげさまで就職が決まりました」とメールをもらいました。

 

まず、きちんと連絡をくれたことに感心し、

その内容がそれなりに長文で割りと内容がカスタマイズされていることに驚き、

3時間程度同じ場所にいただけの僕に送る丁寧さに脱帽しました。

 

これ、とてもうがった見方をすれば、

 

 個々人にあててるっぽい文面を各クラスたごとにいくつか作り、

 将来的に本とかも出したいからどんなしょぼそうな編集者でもつながっといた方がいいかなと思って送ってる。

 

なんて考え方もできなくはないんですが、

例えそうであったとしても、送られた僕としてはその報告がとても気持ちいいし、

相談に来た他の就活生のことは忘れても、その子のことはずっと覚えていると思うのです。

 

こういう姿勢で居続ければ、O君はきっと、いいコピーライターになるでしょう。

いや、すごい営業かも。とにかく彼の前途は明るい! O君、本当におめでとう!

 

こういうの最近できてなかったので、見習おうとおもいます。そういう意味では猛省……。

 

爽やかで、でも少しピリッと来る、いいメールをもらった月曜日でした。

 

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者