• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 反響続々! 星海社新書『現代中国経営者列伝』関連記事、まとめました。

エディターズダイアリー

反響続々! 星海社新書『現代中国経営者列伝』関連記事、まとめました。

築地教介
2017年04月28日 更新

中国をフィールドの中心として活躍中のジャーナリスト・高口康太氏の最新刊『現代中国経営者列伝』

4月25日(火)より発売開始!


本書は、中国企業の経営戦略やエピソード、そして創業経営者の生い立ちや人となりをまとめた一冊。

これまでに、ありそうでなかった中国経営者たちの「伝記集」というスタイル。


その顔ぶれは、この8人。


レノボ(PC)の柳傳志

ハイアール(家電)の張瑞敏

ワハハ(飲料)の宗慶後

ファーウェイ(通信機器)の任正非

ワンダ(不動産、小売、映画、スポーツ)の王健林

アリババ(EC)のジャック・マー

ヨーク(動画配信)の古永鏘

シャオミ(スマートフォン)の雷軍


日本ではあまり耳慣れない人物もいます。しかし、だからこそ本書で彼らの傑物ぶりを知ってもらいたい!

本書発売直後から、おかげさまで多数メディアに関連記事掲載!

こちらにまとめを記載しますので、ぜひ本書購入のご参考に。


(著者インタビュー)

「アリババ、シャオミ...、中国企業の経営者力」|日経ビジネスオンライン

"「中国人は日本的経営にひかれている」と言うと、なんだか愛国心をくすぐられるようでうれしくなる人がいるかと思いますが、私はむしろ残念に感じます。というのも、中国のビジネスパーソンが貪欲に日本を研究している一方で、日本のビジネスパーソンは中国についてまだまだ無知だからです。"(高口康太氏の発言、記事より抜粋)


(本書紹介)

5/22(月)追加! → 日本企業がたじろぐ華人経営者の圧倒的「奇人」力これが中華ビジネスだ!型破り経営者を語り尽くす(前編)JBpress

"経営者の強烈な個性と独裁力は、ことに中国の経済界では不可欠な資質でしょう。13億人がひしめく中国には時代の成功者を狙う野心家がごまんといます。無数のライバルに打ち勝つにはスピードと決断力が必要で、そのためには一般では「奇人」と思われるような強い個性の持ち主じゃないと生き残っていけない。"(高口康太氏の発言、記事より抜粋)


現代中国経営者列伝|岡本信広の教育研究ブログ

"日本では中国経営者の情報が少ない、あるいは経営者視点からみた中国市場情報は少ないので、楽しく読めて中国経済がわかるという意味ではお得である。"(記事より抜粋)


高口康太『現代中国経営者列伝』(星海社新書)|山下ゆの新書ランキング Blogスタイル第2期

この本では日本の高度成長期を思わせるようなエピソードが数多くとり上げられており、それだけでも興味深いのですが、さらに中国経済の面白いところはポスト高度経済成長的な企業や経営者もすでに出現している点です。"(記事より抜粋)


高口康太さんの新著「現代中国経営者列伝」|ジャーナリスト 野嶋剛 公式サイト

"中国の経営者に対する日本の情報はどうしても断片的になりがちで、偏った話(あの人は解放軍系だとかいった類)が強調されてしまうが、この20年は日本にとっては失われた20年だったが、中国では黄金の20年だったわけで、そのなかで世界的な企業を一手に育てあげた経営者が何人も登場した。それらをきっちり俯瞰させてくれる本である。"(記事より抜粋)


中国企業急成長の背後に蔓延する縁故主義の横行。しかしこれはどこかで見た風景!?|HARBOR BUSINESS Online

"同書は、企業家8人の伝記を通じて改革開放以来の中国経済史を描くという意欲的な内容だが、表向きの建て前だけではなく、グレーゾーンにまで踏み込んで中国経済成長の"秘密"に迫っている。"(記事より抜粋)


「レノボもアリババも「毛沢東の戦略」で成功した」|ニューズウィーク日本版

"なぜ中国企業家の伝記集という珍しい本を書こうと思ったのか。一つには日本の10倍の人口を擁し、また爆発的なペースで成長を続けてきた中国には個性豊かな創業経営者がごろごろいることだ。読み物としても十分に面白い人物の宝庫なのだ。"(記事より抜粋)


「愛国心訴求から既存産業破壊へ--変化した中国企業」|ZDNet Japan

"中国を代表する大企業もはじめは小企業で、愛国心で消費者に買ってもらうよう訴えることがあった(中略)経営者の起業術が書かれた高口康太氏の新書「現代中国経営者列伝」(星海社新書)によると、歴史の比較的長いレノボやハイアールまでは愛国心に訴えていた時期があったという。"(記事より抜粋)


「中国から目をそらす日本人、貪欲に日本情報を吸収する中国人」|ジセダイ総研

"中国人だけが日本の経営者の伝記を読んで、日本人は中国については何も知らないというのでは話にならない。日本でも中国の経営者の伝記は出版されているとはいえ、翻訳本ばかりで前提知識がないとなかなか読み通せない。ならば、平易に読める中国人経営者の伝記集を出せないものか。そう考えて執筆したのが『現代中国経営者列伝』である。"(記事より抜粋)


(書評)

「日本人が中国経済を真摯に学ぶ時代に、『現代中国経営者列伝』を読む」|Record China(レコードチャイナ)

"「日本は進んでいる、中国は遅れている」という思い込みを捨て、まずは中国経済の現状について冷静に知ることが求められる時代になったのではないだろうか。 その意味では、先日出版された高口康太『現代中国経営者列伝』はうってつけの入門書だとうならされた。"(記事より抜粋)


「怪物たちの生き様から描かれる中国経済の歩み、『現代中国経営者列伝』レビュー(UJC)」|KINBRICKS NOW

"この本で取り上げられる中国人経営者の、我々がよく知る日本人経営者とはかなり異なる生い立ちや創業の経緯、そして成功を掴むまでの破天荒な行動は、読み物として抜群に面白い。"(記事より抜粋)


(著者ラジオ出演)

ラジオNIKKEI「聴く日経」5月8日(月)配信特別版

テーマ:「中国企業家たちの個性を紐解く」

出演:高口康太氏、鈴木一之氏(株式アナリスト)

*配信は終了しました

番組HP:http://www.radionikkei.jp/kiku/


さらに関連情報が出次第、ブログに追加していきます。

ぜひお近くの書店さんにて本書を!


星海社新書『現代中国経営者列伝』こちらから本書冒頭試し読みも公開中!

著者:高口康太

ISBN:978-4-06-138613-6

定価:900円(税別)

各書店、Amazonにて発売中!

広報

築地教介

印刷営業から戦う出版社へ ライブ狂いのアクティブ広報

築地教介

ツイッターを見る

星海社広報担当。
1977年11月17日生まれ、O型。東京都八王子市出身。立教大学社会学部産業関係学科を卒業後、凸版印刷株式会社に入社。凸版印刷へ入社以来13年間、出版社を得意先とする営業を経験。数多くの編集者に刺激を受ける。出版というフィールドで躍動する夢を実現させるため、ミニマムな組織で大胆に戦う星海社に、2014年4月、合流。音と映像をこよなく愛し、インディーズ、メジャーを問わず、全国のライブハウスを今も駆け巡る。好きな言葉は「疾風勁草」。

エディターズダイアリー

投稿者