• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 徳間書店買収と、大塚英志さん新刊の話

エディターズダイアリー

徳間書店買収と、大塚英志さん新刊の話

石川詩悠
2017年03月27日 更新

こんばんは、アシエディ石川です。


↑は大塚英志さんの連続企画&その書籍化『世界まんが塾』のアカウントです。

というわけで、先日、新刊『角川書店とメディアミックスの時代』の語り下ろし収録のため、ライターさん、弊社太田とともに大塚英志さんのオフィスへお邪魔してきました。

80年代「おたく文化」の内部を、「おたく第一世代」の編集者として駆け抜けた大塚さん。
そんな私的経験から始まって、80年代の日本文化論、さらには日本社会論をもカバーしてしまう『「おたく」の精神史――一九八〇年代論』。

大塚さんがアルバイト編集者として出入りしていた"二階"、徳間書店第二編集局(『アニメージュ』などを発行)での光景が、そのまま第一級の「おたく文化」史料となる『二階の住人とその時代----転形期のサブカルチャー私史』。

であるとすれば、今回の『角川書店とプラットフォームの時代』は文字どおり、同じ80年代角川書店の模様を描出していくものです。
先日の収録、非常に濃密かつスリリングな時間でした。

さて、「TSUTAYA」を展開するCCCが徳間書店を子会社化した、というニュースが先日ありましたね。
出版を含め、コンテンツ産業は明日何が起こってもおかしくない局面にあります。
そんなときに大塚さんの文章を読むと、状況が本当にすっきりと整理でき、かつ流れも大局的にわかるようになります。

というわけで、『「おたく」の精神史』『二階の住人とその時代』、今も/今こそ必読の書です!
『角川書店とプラットフォームの時代』もご期待ください!

アシスタントエディター

石川詩悠

ゴールマウスの次は出版の未来を守ります

石川詩悠

ツイッターを見る

星海社アシスタントエディター。
1991年静岡県静岡市生まれ。小中高とサッカー漬け、ポジションはゴールキーパー一筋。物心つかない頃からの清水エスパルスサポーター。早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系卒業。大学で文芸批評などを勉強しつつ、ミニコミ誌『BLACK PAST』に参加する。何者にもなれなさそうなまま大学卒業を控えるタイミングで星海社の募集を知り、副社長の「20人の優れた編集者で世界は変わる」宣言に心揺さぶられて2015年3月より合流。

エディターズダイアリー

投稿者