• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ編集部 > エディターズダイアリー > 新卒でフリーランスばかりいるような会社に入ってはいけない

エディターズダイアリー

新卒でフリーランスばかりいるような会社に入ってはいけない

今井雄紀
2015年01月18日 更新


星海社、絶賛人材募集中です。

ツイッターを見ていると、
学生さんで応募を検討してくれている人も
ちらほらいらっしゃるみたい……。

中には、これから就活だという方もいます。
「5月から働けること」が条件なので、
3年生なら大学を中退しないといけないわけなんですが、
「それでも!」という方々なのでしょう。
ありがたいことです。

進路の選択はその人にしか出来ないので、
うるさく言うつもりはないのですが、
新卒で星海社というのは、あまりおすすめできません。
それはうちが「フリーランスだらけ」だからです。

社長・副社長を除けば、常駐メンバーの全員がフリーランスの我が社。
誰ひとりとして、「後輩を育てること」をミッションにした契約はしていません。
極端な話、後輩の質問に一切答えなくても、
いい本・Web・イベントをつくって、売り上げをあげていればOKなのです。

そんななので、新卒特有のお客様感は皆無です。
赤ちゃんで言うなら、生後すぐにステーキを与え、
「いいもん食ってんだからさっさと走ってね! 先輩みたいにね!」
って言われ続ける日々が待っています。
*たとえ話ですよ

それでもがんばれる人はいいのですが、
僕はやっぱり、ちゃんとミルクからだんだんと離乳食にうつって、
寝返りやハイハイができたら褒められて……というところに行ったほうがいいと思います。
そっちの方が結果的にいい子に育つ気がするのです。

と、ここまで書いてきて一方で、
「やれるやつはどこでもどんな状況でもやれる」
とも思っているんですけどね。
でもそれは、結果論だしなあ。

応募を検討中の就労未経験のみなさま、
あらためて、よくよくご検討くださいませ。

アシスタントエディター

今井雄紀

みんな友達リア充エディター!

今井雄紀

ツイッターを見る

86年生まれ(早生まれ)。滋賀生まれ滋賀育ち。大学では、京都でロックのイベントをしつつ、マネジメントについてまじめに勉強。就職を機に上京し、新卒でリクルートメディアコミュニケーションズに入社。営業→ディレクターを経験した。「Webと紙の書籍、イベントを組み合わせた新しい出版事業をつくる」という志に共感し、2012年5月、星海社に合流。主な担当企画に『アニメを仕事に!』、『声優魂』、『キャバ嬢の社会学』、『夢、死ね!』、『内定童貞』、『百合のリアル』、『あなたのプレゼンに「まくら」はあるか?』、『サマる技術』など。都内は自転車で移動。好きなチェーン店はコメダとねぎし。尊敬する人物は、小谷正一。

エディターズダイアリー

投稿者