• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 新人賞 > 新人賞投稿作品 > 糖尿病治療薬スーグラ錠ダイエット体験記

新人賞投稿作品

糖尿病治療薬スーグラ錠ダイエット体験記

豊中康次
2014年06月30日 投稿

コピー

世界初! 減量効果が認定された唯一の医薬品「スーグラ錠」による20キロダイエット成功体験記

カテゴリ

医療

内容紹介

2014年1月製造販売が認可され、本年4月に発売となった2型糖尿病治療薬/選択的SGLT2阻害剤「スーグラ錠」。糖尿病治療薬としての効能だけでなく、ダイエット効果が見込める薬としても注目を集めました。本書はそのスーグラ錠の減量効果に着目し、減量効果を目的に服用することで実際にどのような効果があったのかを検証した初の同治療薬による体験ダイエット本です。何の苦労もせず楽にダイエットしたい、努力せず時間もお金もかけずやせたい等々、永遠に不可能と考えられていた究極のダイエットに著者自らが挑戦、実際に20キロもの減量に成功した体験談をもとに、このダイエットの利点、効能等をわかりやすく解説します。また単なる画期的効能本としてだけではなく多くの方が抱くであろう医薬品使用によるダイエットの不安な点や、疑問点、問題点なども細かく取り上げ、楽しみながらダイエットを実現する内容にもなるよう心がけました。これまでのダイエット効果と違いうそ偽りのない内容を展開できるのも二十年間、でたらめなダイエット方に振り回され、ダイエットに失敗し続けた著者ならでは。ここに真のダイエット方がありました! すべてが真実! 絶対に確実なダイエット方がここにある!

目次案・語りたい項目

序章 なぜあなたのダイエットは失敗するのか
第1章 糖尿病病治療薬スーグラ錠によるダイエット効果とは?1 スーグラ錠とは?~市販のダイエット薬とどこが違うのか~2 市販ダイエット薬3種の歌う効能とは?3 なぜスーグラ錠だけが減量効果が確実に見込めるのか4 スーグラ錠による治療薬効果とダイエット効果、副作用について5 健康体による治療薬使用に問題はないのか?第2章 スーグラ錠ダイエット日誌 その1 薬処方までの道のり1 糖尿病治療薬は2型糖尿病でないと処方されない?2 糖尿病予備軍でも治療薬が処方される? 3 患者が希望すれば治療薬が処方される? 4 ついに治療薬が処方される  5 結局処方されるためにどうすればよいのか 第3章 スーグラ錠ダイエット日誌 その2 服用を始めて 1 ダイエット薬処方 第1週 2 ダイエット薬処方 第2週 3 ダイエット薬処方 第3週4 ダイエット薬処方 第4週5 ダイエット薬処方 第5週6 ダイエット薬処方 第6週第4章 スーグラ錠ダイエット日誌 その3 減量達成!7 ダイエット薬処方 第7週8 ダイエット薬処方 第8週9 ダイエット薬処方 第9週10 ダイエット薬処方 第10週11 ダイエット薬処方 第11週12 ダイエット薬処方 第12週第5章 糖尿病治療薬によるダイエット効果について1 スーグラだけじゃない! 糖尿病治療薬のダイエット効果とは2 スーグラーよりオススメ? 実体験による2型治療薬の減量効果について3 健康な人が治療薬を処方することでさらなる健康体になれる?なれない?4 ダイエット効果だけじゃない!~リバウンド問題もさようなら~5 ダイエット効果による真の健康体を手に入れる
資料 個人輸入による医薬品の購入 病気でなくても治療薬は激安で買える!1 個人輸入による医薬品購入とは2 個人輸入医薬&処方の安全性について3 代表的な医薬品個人輸入代行サイト終章 ダイエットを終えて

書き出しの第1章

序章 なぜあなたのダイエットは失敗するのか

 この本を手に取ったということは、あなたはこれまでに数々のダイエット方を試し、一方でそのほとんどでさしたる効果が得られなかったということなのではないでしょうか。
 なぜあなたのダイエットが成功しなかったのか? 
 答は簡単です。
 その答はずばり、あなたの試したダイエット方がまったくのデタラメだったからです。 それはそうでしょう。どう考えても一日10秒とか、体に何かを巻きつけるだけとか、お腹いっぱい食べても、なんて方法でダイエットできるわけなどないのです。ダイエットとは今より体重が減少すること。すなわち今より自分の体で何らかの代謝作用がなくては効果が現れるはずなどないのです。その代謝がさして苦労することもなく実現できるはずなどありません。
 では世の中に比較的楽に減量できるというダイエット方はないのでしょうか? 確かにこれまでにはなかったのかもしれません。しかし今年1月、医薬品業界に重大な発表がありました。本年よりアステラス製薬より発売される2型糖尿病新薬「スーグラ錠」に糖尿病治療薬としての効果だけでなく減量効果が認められることが示されたからです。
 しかしながら現在では、やせるための薬なんて存在しないという時代は過去のものです。最近ではドラッグストアなどでもナイシトールなどのような痩せ薬と称したさまざまな商品がありますし、トクホと呼ばれる健康食品も増えてきました。もちろん個人輸入という方法でサノレックスやトピナといった国内では病気にならないと買えないような医薬品を買うことも可能な時代です。 ただ、そういった薬にはある程度、怪しさとともにさしたる効果が感じられないといった声が多かったのも事実です。事実、自分もこれらの医薬品をひと通り試してみましたが、ほとんどダイエット効果はありませんでした。なぜそうなってしまったのか? そしてそういった経験がありながら、新たに自身が試した新薬「スーグラ錠」では、なぜ劇的なダイエット効果を実感できたのかを自分なりの体験とともにお届けしたのが本書の内容ということになります。
 もちろん本書で紹介されることは、私自身の個人的な体験にすぎません。ですから本書を読んで同じように実践したとしても、ここに起こることが必ずあなたにも同じように訪れるといったお約束はできません。しかし今回の実体験をとおして私は、この方法が多くのダイエット体験者に対しても、最も手軽で、効果的かつストレスのない減量効果をもたらすのではないかと実感し、なおかつ多くの人にその効果を継続して実感してもらえることを確信しています。本書を私は今まで多くのダイエットを試し裏切られてきたあなたにとって最後にして最高の決定版となるべく、真実にこだわり、うそ偽りのないダイエット体験記として書き上げました。本書を読んであなたにも私と同じようなダイエット体験が実感できる日がくることを切に願い本書をあなたに捧げます。

応募者紹介

豊中康次さん

スポーツニッポン新聞社、角川書店、徳間書店を経て現在、団体職員。92年JTB主催日本旅行記賞に「ラジオ体操の旅」で準大賞受賞後、ライター活動。独自の路線で人気を博し、1999年には「大中央線主義」(情報センター出版局)を上梓。テレビ(テレビ朝日テゥナイト2)、雑誌(TOKYO Walker)などで紹介される。
付則 応募条件に年齢が不相応で申し訳ありませんが、企画内容なら誰にも負けないと思い、僭越ながら応募させていただきます。よろしければ賞と関係なく本企画をご検討いただけないでしょうか。何卒よろしくお願いいたします。

ジセダイユーザからのコメント