• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 新人賞 > 新人賞投稿作品 > 検証・ゆるキャラビジネスの経済効果

新人賞投稿作品

検証・ゆるキャラビジネスの経済効果

イシダ コウタロウ
2014年02月21日 投稿

コピー

 近年、゛ゆるキャラビジネス゛が、非常に注目を集めています。くまモン、ふなっしー、ひこにゃん…どの都道府県レベルでも、ゆるキャラが誕生しては、沈滞する日本経済に活力と癒やしをもたらしている。本著では、そのゆるキャラビジネスについて、経済的効果を中心にサブカル文化的な切り口で、ゆるキャラビジネスの経済効果をわかりやすく説明する作品とする。

カテゴリ

評論

内容紹介

 くまモンの秘密という作品(幻冬舎)では、くまモンの経済効果を293億円と当時の数字で評価していますが、近年では、千葉県船橋市の「ふなっしー」や、滋賀県彦根市の「ひこにゃん」ら、ゆるキャラを巡ったご当地ビジネスが、非常に注目を浴びています。そんなゆるキャラビジネスの経済効果に絞って、編集部と、著者イシダらが検証して、ジセダイ読者層にわかりやすく最新事情を示して、ゆるキャラビジネスのまとめ本的な作品にする事で、世にも共感と、目新しさを広めたいと記しています。

目次案・語りたい項目

1.ゆるキャラビジネスの数字
2.くまモンの゛昔と今゛
3.ライバルのゆるキャラの経済効果っていくらなの?
4.直近のゆるキャラの動きについて
5.今後のゆるキャラビジネスの予測とまとめ

書き出しの第1章

はじめに

 この作品を手にしていただき誠にありがとうございます。近年、我が国に置いて゛ゆるキャラビジネス゛が深く浸透し、ゆるキャラのスターが、次々と誕生しています。くまモン、ふなっしー、ひこにゃん…今ではゆるキャラが居ない都道府県を探してみる方が難しい世の中かも知れませんが…。
 このような企画で書こうと思ったのは、一冊の作品、くまモンの秘密(幻冬舎)を読んで、293億円の経済効果がある!と帯に書かれていた事が発端であります。この現代社会の奇怪なブームのひとつとなった゛ゆるキャラビジネス゛を会計学を専攻した私イシダと、編集部の皆さんとで、検証してできる限り経済効果を理解出来る作品へと書いてみました。ゆるキャラビジネスの今という事を作品を通じて理解して頂き、少しの驚きと、ジセダイへの贈与として贈りたい作品となっています。それでは最後までお読み下さいませ。著者イシダより。

応募者紹介

イシダ コウタロウさん

1979年大阪市生まれ。2002年立命館大経営学部卒業。専攻は会計学。卒業後は関西圏でサラリーマンをし、2006年地元宮津市にUターンする。NPO法人たんご村の委員を勤めつつ、書評家・ライターとして活動中です。

ジセダイユーザからのコメント