• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

ジセダイエディターズ

根は体育会系、無鉄砲で直情径行 星海社の鉄砲玉を目指します!

丸茂智晴

プロフィール

星海社アシスタントエディター。
1994年生まれ、長野県岡谷市出身。三度の飯より読書が好きという、いかにも文系な嗜好だが、高校までは理系、根は体育会系。文芸誌『ファウスト』に触発され、編集者になろうと志し、早稲田大学文化構想学部文芸・ジャーナリズム論系に進学。文芸批評を学びつつ、文芸誌『早稲田文学』編集部にて学生編集員として勤務する。文学を勉強し、文芸誌編集を手伝い、書店と雑誌編集部でバイトする本まみれの日々を送った。大学卒業を控えた2017年1月より、星海社に合流。

略歴

1994年:長野県に生まれる。物心ついたときには2歳年下の弟もいた。弟はいまでもかわいい。

2000年:岡谷市立小井川小学校に入学。当時は科学大好き少年で、鉱物が好物。

2003年:人間だけでなく、獣も行き交う森のなかにある岡谷市立岡谷小学校(現在閉校)に転校。休み時間に蛇や沢蟹をつかまえるような、野性味溢れる学校生活を送る一方で、クリスティやクイーンなどミステリに傾倒する。

2006年:岡谷市立岡谷西部中学校に進学。肥満体だったため、運動をしろと父に圧をかけられバスケ部に入部。

2009年:長野県諏訪清陵高校に進学し、引き続きバスケ部に入部。部活を辞めて勉強しろと父に怒られるも、バスケに明け暮れる日々を過ごす。うっすらだが腹筋が割れる。

2010年:化学が比較的得意で、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)コースに進む。人工ルビーを生成したり、アラスカでオーロラを観測したりしながら、ぼんやりと理学部進学を考えていた。

2011年:クラスメイトに薦められて文芸誌『ファウスト』を読んだ衝撃から、一転、編集者を目指す。所属コースは変えられなかったが、個人的に文転し、京大ミス研への憧憬から京大文学部を受験。

2013年:一浪するも京大は受からず、腹筋も元通り。早稲田大学文化構想学部に入学し、文芸批評を学ぶ。

2014年:入学前から好きだった准教授にゼミに入りたいと願い出たところ、文芸誌『早稲田文学』の編集部を紹介され、ゼミと編集部双方で指導を受けることになる(怒られてばかりいた)。『早稲田文学』引退後、本屋「Title」、雑誌『ダ・ヴィンチ』編集部でのアルバイトも経験。

2016年:出版社の新卒採用を落とされ続け、無為に大学生活を終えようとしていた頃、星海社の人員募集が告知され、これが最後と奮起して応募。出版業界一筋で来たこれまでの経験を全否定される。「学生らしい経験がなにもないよね。ベタだけど自転車で北海道行くとかさぁ......」と一次面接で言われたことを真に受けて、自転車を購入。北海道には辿りつかなかったが、2泊5日で気仙沼まで漕いで二次面接に臨み、ようやく採用を通知される。翌年1月より星海社に合流。

ブログ新着エントリ

2017年11月19日

ジセダイエディターズ