• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 20歳の自分に受けさせたい文章講義

星海社新書

20歳の自分に受けさせたい文章講義

古賀史健 
2012年01月18日 更新
『20歳の自分に受けさせたい文章講義』古賀史健
<20歳の自分に受けさせたい文章講義>のPOP

内容紹介

「話せるのに書けない!」人のための“文章の授業”
どうすれば自分の気持ちや考えを「文章だけ」で伝えることができるのか? この授業のスタート地点はそこにある。そう、僕らは「話せるのに書けない!」のだ。人に口で伝えることはできても、それを頭の中で文章に変換しようとすると、とたんに固まってしまう。メールの一通すら、うまく書けない。「話すこと」と「書くこと」はまったく別の行為なのだ。決して「同じ日本語じゃないか」などと思ってはいけない。この授業では、現役のライターである僕が、現場で15年かけて蓄積した「話し言葉から書き言葉へ」のノウハウと哲学を、余すところなく伝えていく。学校では誰も教えてくれなかった“書く技術”の授業をいま、始めよう!

試し読みをする

書籍情報

タイトル20歳の自分に受けさせたい文章講義
著者古賀史健 
ISBN978-4-06-138510-8
発売日2012年01月25日
定価840円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

古賀史健

古賀史健

ツイッターを見る

1973年福岡県生まれ。かねて映画監督を夢見るも、大学の卒業制作(自主映画)で集団作業におけるキャプテンシーの致命的欠如を痛感し、挫折。ひとりで創作可能な文章の道を選ぶ。出版社勤務を経て24歳でフリーに。30歳からは書籍のライティングを専門とする。以来、「ライターとは?翻訳者?である」「文章は?リズム?で決まる」を信念に、ビジネス書や教養書を中心に現在まで約80冊を担当。編集者からは「踊るような文章を書くライターだ」と言われることが多い。多数のベストセラーを手掛け、インタビュー集『ドラゴン桜公式副読本16歳の教科書』(講談社)はシリーズ類型70万部を突破。本書は単著デビュー作となる。

公式サイト http://www.office-koga.com/

古賀史健からのメッセージ


古賀史健の「武器としての教養」5冊

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために
タイトルアドラー心理学入門―よりよい人間関係のために
著者岸見一郎
出版社ベストセラーズ
amazon.co.jpで詳細を見る

人は「○○だから△△できない」のではなく、「△△したくないから○○という原因をでっちあげる」と喝破するアドラー。「トラウマなど存在しない。過去になにがあったかなど関係ない」とする彼の?目的論?は、人生にいっさいの妥協や言い訳を許さない。まさに「20歳の自分に読ませたい」一冊。

はじめての現象学
タイトルはじめての現象学
著者竹田青嗣
出版社海鳥社
amazon.co.jpで詳細を見る

現象学は「自分の頭で考える」を、もっともダイレクトに問いかける学問だろう。著者の竹田青嗣氏は、フッサールの現象学を起点に「竹田現象学」と称される独自の理論にまで昇華させている。NHKブックスの『現象学入門』と併せて読むとより理解が深まるが、一冊となればこちらをおすすめしたい。

謎とき『罪と罰』
タイトル謎とき『罪と罰』
著者江川卓
出版社新潮社
amazon.co.jpで詳細を見る

小説を書くとはどんな行為なのか。そして小説を読むとはどのような行為なのか。その醍醐味を教えてくれる、知的興奮に満ちた一冊。ぜひドストエフスキー『罪と罰』を読み終えた直後、物語の記憶が生々しいうちに読んでいただきたい。「読む」という行為の能動性、奥深さに打ちのめされるはずだ。

言語を生み出す本能(上・下)
タイトル言語を生み出す本能(上・下)
著者スティーブン・ピンカー
出版社NHKブックス
amazon.co.jpで詳細を見る

「言葉」と「心」の正体に迫る著者の代表作。ドーキンスによる「自分の専門分野について、こんなふうに書けたらどんなにいいか、と専門家なら誰でもため息をつかずにいられないだろう。一般の読者にとってわかりやすく、しかも、専門家が読んでも新鮮な驚きに満ちている」という推薦文がすべてを表している。

ザ・ベリー・ベスト・オブ「ナンシー関の小耳にはさもう」100
タイトルザ・ベリー・ベスト・オブ「ナンシー関の小耳にはさもう」100
著者ナンシー関
出版社朝日新聞社
amazon.co.jpで詳細を見る

彼女に勝る「文章のお手本」はいないのではなかろうか。彼女のすごさは、着眼点の鋭さでもユーモアの質でもなく(もちろんそれもとんでもないのだが)、論の軸がまったくブレない文章の精度にある。今回ぼくが『20歳の自分に受けさせたい文章講義』で述べたすべての条件を軽々と超えた、最上の教科書だ。

星海社新書 最新刊情報