• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか

星海社新書

牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか

広中一成 
2018年07月24日 更新
『牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか』広中一成
<牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか>のPOP

内容紹介

「愚将」を生み出した原因は、昭和陸軍の組織体質にあった

牟田口廉也は、インパール作戦を失敗に導いた陸軍司令官として知られている。だが、それのみを切り取って牟田口を「愚将」と断じてしまってよいのか。また、責任は彼個人のみに帰せられるべきなのか。本書は、牟田口の軍歴を丹念に追うことで「愚将」像を再検討してゆく。参謀畑を歩んでいた牟田口を、支那駐屯軍に左遷せしめた二・二六事件とその後勃発した盧溝橋事件。「常勝将軍」の名を与えたシンガポール攻略作戦。そして、大本営の裁可のもとで発動されたインパール作戦。牟田口の軍歴の背景から、陸軍の異様な体質が浮かび上がる。不健全な人事、不可解な決裁......昭和陸軍という組織は、自ら「愚将」を生み出したのだ。

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル牟田口廉也 「愚将」はいかにして生み出されたのか
著者広中一成 
ISBN978-4-06-512728-5
発売日2018年07月25日
定価1050円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

広中一成

広中一成

ツイッターを見る

広中一成(ひろなか・いっせい) (近代史研究者)

一九七八年、愛知県生まれ。二〇一二年、愛知大学大学院中国研究科博士後期課程修了。博士(中国研究)。現在は愛知大学非常勤講師。近現代日中関係史、日中戦争史、中国傀儡政権史を専門とし、日中両国の資料を精緻に読み解く気鋭の研究者である。単著に『冀東政権と日中関係』(汲古書院、二〇一七年)、『通州事件 日中戦争泥沼化への道』(星海社新書、二〇一六年)、『語り継ぐ戦争―中国・シベリア・南方・本土「東三河8人の証言」』(えにし書房、二〇一四年)、『ニセチャイナ 満洲・蒙疆・冀東・臨時・維新・南京』(社会評論社、二〇一三年)、『日中和平工作の記録―今井武夫と汪兆銘・蔣介石』(彩流社、二〇一三年)など。


星海社新書 最新刊情報