• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 百合のリアル

星海社新書

百合のリアル

牧村朝子 
2013年11月18日 更新
『百合のリアル』牧村朝子
<百合のリアル>のPOP

内容紹介

パリで国際同性婚した著者が語る、「女の子同士」のリアル
私は、女性として生まれ、最愛の妻と結婚をしました。同性愛者は“少数派”です。しかし、決して“少数”ではありません。自身が同性愛者であることを公表する人も増え、セクシュアルマイノリティの知識は、現代人の基礎教養となりつつあります。女の子同士はどこで出会うの? どうやってセックスをする の? 家族へのカミングアウトはいつ? 同性同士の結婚って可能なの? 私の経験からお話できることのすべてを、この一冊に凝縮しました。私と一緒 に、「性」と「知」の冒険に出ませんか? あなたの“百合観”変わりますよ?

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル百合のリアル
著者牧村朝子 
ISBN978-4-06-138542-9
発売日2013年11月25日
定価820円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

牧村朝子

牧村朝子

ツイッターを見る

一九八七年生まれ。タレント、レズビアンライフサポーター。二〇一〇年、ミス日本ファイナリスト選出をきっかけに、杉本彩が代表を務める芸能事務所「オフィス彩」に所属。日本で出会ったフランス人女性と婚約後、フランスの法律に則って国際同性結婚をし、現在はパリ在住(フランス語勉強中)。レズビアンであることを公表して各種媒体に出演・執筆を行っている。宇宙や深海やオカルトが好きで、日課は幽体離脱の練習(現在成功率0%)。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに"レズビアンって何?"って言われること」

牧村朝子からのメッセージ


牧村朝子の「武器としての教養」5冊

わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か
タイトルわかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か
著者平田オリザ
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

「百合のリアル」著者が「パリで国際同性婚したタレント」だと知り、「グローバル(笑)」「コミュ力(笑)」「みんな違ってみんないい(爆笑)」と思ったあなたに。著者・平田オリザ氏はまず、昨今の教育現場における「コミュ力」のキレイゴトを鋭く突き、読者をスッキリさせてくれます。しかしそこからあえてのカオス展開。果てに「みんな違ってたいへんだ」と呟きます。さて、読後あなたは、本書を叩くでしょうか? それとも……。

無境界の人
タイトル無境界の人
著者森巣博
出版社集英社
amazon.co.jpで詳細を見る

日本語で本を読む人は恐らく何らかの関係を持っているであろう、「日本人」という概念に向き合ってみるために。著者・森巣博さんは世界を股にかけるギャンブラーで、その経験がこの小説にも鮮やかに生きています。特に、「百合のリアル」で例に出される、レズビアンというアイデンティティをもたない方には、どうかぜひ一緒に読んで頂きたい。「カテゴリとアイデンティティ」の関係を、自分の場合に置き換えて感じてみてください。

分類思考の世界 なぜ人は万物を「種」に分けるのか
タイトル分類思考の世界 なぜ人は万物を「種」に分けるのか
著者三中信宏
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

「物事の分類の正しさ」論から離れ、分類している人類のほうへ注目してみるために。著者・三中信宏さんは「美と哲学を愛する科学者」という印象で、そんなお人柄全開の美しく難解な言葉で生物分類の歴史について書いていらっしゃいます。漢字だらけよ。そしてそこから「難しい言葉を使う人もそうでない人も、分類せずにいられないのだなあ」という人類のいじらしさが見えた時、わたしの中の「学者/一般人」の分類がやわらぎました。

今を生きるための現代詩
タイトル今を生きるための現代詩
著者渡邊 十絲子
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

「百合のリアル」で提案される、「わからないものをわからないまま感じる」態度の実践のために。詩についての本ですが、お文学としてオシャレに気取っているわけではありません。学校生活に始まり、就職していった女ともだちの姿まで、著者・渡邊十絲子さんの人生の実際の場面を織り交ぜながら書かれています。そういう生活感の中にも、「わからないもの」は置き去りのまま確かに在る。それを感じる方法のひとつとして、詩です。

右翼という生き方
タイトル右翼という生き方
著者田口宏睦
出版社大洋図書
amazon.co.jpで詳細を見る

「百合のリアル」読後、「マイノリティへの迫害反対! ネトウヨ滅亡しろ!!」的な価値観をお持ちになるのも自由だと思うのですが、それでしたらぜひ。右翼というアイデンティティをそれぞれに求めた人々を前に、右翼というカテゴリ、ひいては「ネトウヨ滅亡しろ」がいかに無意味か。例えば右翼とカテゴライズされる人にも、どれだけそれぞれの顔があり物語があるかということを、31人ぶんの写真と生い立ちで見せてくれる本です。

星海社新書 最新刊情報


既刊書籍一覧
星海社新書発売中!既刊書籍情報一覧
星海社新書 最速レビュー

FOLLOW US

ジセダイをフォローする

ジセダイは、20代以下の次世代に向けた、行動機会提案サイトです。