• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 白熱日本酒教室

星海社新書

白熱日本酒教室

杉村啓  絵=アザミユウコ
2014年11月20日 更新
『白熱日本酒教室』杉村啓
<白熱日本酒教室>のPOP

内容紹介

古い知識はおさらば! 日本文化の最先端「日本酒」を味わおう!
今、世界一面白いお酒、それは間違いなく「日本酒」です。近年では、スペイン料理やフランス料理にあわせるための日本酒や、芳醇なワインを思わせる香り豊かな日本酒、ほんの少し温度を変えるだけでがらりとその味わいを変える日本酒……、お米だけで造られているとはとても考えられないほど様々な日本酒が登場しています。これらは、日本各地に存在する蔵元の伝統と創意工夫、そして最新の醸造技術の結晶です。今や日本酒は、世界から注目を集める面白いお酒に進化したといっても過言ではありません。「難易度が高いお酒」と思われがちな日本酒ですが、それはもはや昔の話。さぁ、今こそ日本酒の魅力を存分に味わいましょう!

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル白熱日本酒教室
著者杉村啓  絵=アザミユウコ
ISBN978-4-06-138560-3
発売日2014年11月25日
定価820円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

お知らせ

【飲める! 学べる! 今日から日本酒を楽しもう!】『白熱日本酒教室』発売記念特別講義 開催決定!

詳細はジセダイのイベントページにてご確認ください!

著者紹介

杉村啓

自由大学 入門日本酒学教授、醬油研究家、料理漫画研究家。1976年生まれ。千葉県出身。2003年頃より日本酒の魅力に目覚め、以来、蔵元や日本酒専門店との交流を持つようになり、日本醸造協会でもセミナーを行うなど、専門家にも一目置かれる存在となる。現在は各種メディアでの寄稿にとどまらず、自由大学の入門日本酒学で教鞭を執るなど、今の日本酒の面白さを伝えるための活動を広く行っている。そのほか、Webサイト『cakes』で連載されていた『今宵語りたくなる日本酒のはなし』では、ただ飲むだけではない日本酒の楽しみ方を掘り下げるとともに、知られざる日本酒そのものの面白さを分かりやすく書き下ろし、日本酒ファンのみならず、蔵元・酒販店・飲食店にも好評を博す。単著に『醬油手帖』(河出書房新社)などがある。

アザミユウコ

漫画家、イラストレーター。新潟県出身。地元新潟産のお酒から日本酒の面白さに目覚め、サークル「酩酊女子制作委員会」を結成。『日本酒酩酊ガールズ【新潟編】』や『NIHONSYU MEITEI GIRLS SPARKLING!』など、数々の日本酒をテーマにした同人誌を制作。料理系同人誌界に日本酒ブームを起こす。日本酒以外にも、自転車の趣味を活かし、同人雑誌の『ロングライダース』などで漫画の執筆を行っている。代表作に『酩酊女子〜日本酒酩酊ガールズ〜』(ワニブックス)などがある。


杉村啓の「武器としての教養」5冊

もやしもん
タイトルもやしもん
著者石川 雅之
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

発酵に関してこれほどわかりやすく、かつ面白く描いた作品があったでしょうか。この作品のおかげで醤油や日本酒にどっぷりはまりました。発酵に関する基礎教養は、この漫画を読めば必ずや身につきます。

そばもん
タイトルそばもん
著者山本おさむ
出版社小学館
amazon.co.jpで詳細を見る

もうひとつ料理漫画から。全編蕎麦尽くしなのですが、蕎麦を通じて日本の食文化が見えてくる作品です。また、15巻の福島編では、放射線を正しく怖がるということはどういうことかを教えてくれます。

改訂 醸造学
タイトル改訂 醸造学
著者野白喜久雄・小崎道雄・好井久雄・小泉武夫/編
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

基礎教養を身につけるのに教科書以上のものはありません。醤油や日本酒だけでなく、幅広く醸造に関することを学びたい人は一度は目を通すといいでしょう。傍らに置いておいて、辞書のような使い方をしてもいいと思います。

台所でつくるシャンパン風ドブロク - 30分で仕込んで3日で飲める
タイトル台所でつくるシャンパン風ドブロク - 30分で仕込んで3日で飲める
著者山田陽一
出版社農山漁村文化協会
amazon.co.jpで詳細を見る

最初に言っておきますが、無免許でアルコール度数1%以上のお酒を造ることは酒税法によって禁じられています。それはさておき、この本には素人ができるだけ手を抜いてかつおいしいお酒を造ろうという試みの全てが書かれています。芸術の域まで達している日本酒造りの、これでもいいんだ、というもう一方の端を学ぶことができます。

醬油手帖
タイトル醬油手帖
著者杉村啓
出版社河出書房新社
amazon.co.jpで詳細を見る

日本酒も面白いですが、いま醤油も最高に面白いことになっています。容器の革命が起きたおかげで従来はすぐにダメになってしまうような醤油も気軽に手に入るようになりました。また、魚醤やスイーツ醤油など、進化の途上にあります。現代の醤油を知りたい方は是非!

星海社新書 最新刊情報