• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本

星海社新書

アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本

舛本和也 
2014年05月19日 更新
『アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本』舛本和也
<アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本>のPOP

内容紹介

制作進行を知れば、アニメがわかる!
50年の歴史を積重ね、週に50本以上の作品が放送されるまでになった、世界一のアニメ大国日本。作品評価やビジネス的価値についての議論は数あれど、その制作工程について詳しく説明がされる機会はありません。本書は、アニメがどのようにして作られているかを、作品制作の全工程に関わる唯一の役職「制作進行」の視点からお伝えします。お届け元は、『キルラキル』、『リトルウィッチアカデミア』等を制作し、アニメファンの気持ちを鷲摑みにしている制作会社TRIGGER。事例に不足はありません。アニメを見るのはもちろん楽しいけど、作るのはもっともっともっと楽しい!(そしてしんどい!)

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトルアニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本
著者舛本和也 
ISBN978-4-06-138549-8
発売日2014年05月22日
定価820円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

お知らせ

 

最前線』のwebラジオ『星海社ラジオ騎士団』で、TRIGGER取締役・舛本和也さんが出演してくださいました。本書の制作秘話はもちろんのこと、TRIGGERの新作や、今後のアニメ業界について熱く語っていただきました。これを聞くとより一層本を楽しめますよ! ぜひ、ご視聴ください。

『星海社ラジオ騎士団 season2』第4回配信! ゲスト:舛本和也(『キルラキル』アニメーションプロデューサー)

 

著者紹介

舛本和也

舛本和也

ツイッターを見る

株式会社TRIGGER取締役、プロデューサー。1976年生まれ。山口県岩国市出身。複数のアニメスタジオで制作進行の経験を経たのち、株式会社GAINAXに入社。『天元突破グレンラガン』、『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』に主要メンバーとして参画する。
2011年、同じく二作品の主要メンバーであった大塚雅彦、今石洋之らと株式会社TRIGGERを設立。『リトルウィッチアカデミア』、『キルラキル』を世に放ち、世界を震撼させる。「10年後に会社(業界)を大きくする人間を育てる」をモットーに、社内での新人教育はもちろん、社外向けの制作進行講座を毎月開講。その熱と魂を、後進に伝えている。仕事の合間を縫っての映画鑑賞と、ラーメンの食べ歩きが大好き。


舛本和也の「武器としての教養」5冊

北斗の拳
タイトル北斗の拳
著者作:武論尊 画:原哲夫
出版社集英社
amazon.co.jpで詳細を見る

小学生の時に読みました。僕の人生のバイブルです!199X年、世紀末。核戦争後の荒廃した世界を舞台に、暴力と無秩序の中で生きる人間の生き様を示す作品。僕の好きな人物は『南斗六聖拳「仁星」の男、南斗白鷺拳のシュウ』と『南斗五車星 山のフドウ』とアミバとジャギです。

家栽の人
タイトル家栽の人
著者作:毛利甚八 画:魚戸おさむ
出版社小学館
amazon.co.jpで詳細を見る

中学生の時に読みました。家庭裁判所を舞台とした、人間ドラマの作品。片岡鶴太郎主演でテレビドラマにもなりました。主題歌の大貫妙子「春の手紙」はいまでも8インチCDを持っています。ちなみに読み終えた後にタイトルの「家栽」の「栽」の字は裁判所の「裁」ではなく「栽培」の「栽」と知しました! 震えました!僕の「大人のマンガ」の第一冊目でした。

モンテ・クリスト伯
タイトルモンテ・クリスト伯
著者アレクサンドル・デュマ
出版社岩波文庫
amazon.co.jpで詳細を見る

小学生の時に読みました。別名「岩窟王」。裏切り、投獄、復讐劇、逆転ドラマ!とても長くて面白かった記憶があります!

三銃士
タイトル三銃士
著者アレクサンドル・デュマ
出版社-
amazon.co.jpで詳細を見る

小学生の時に読みました。NHKで「アニメ三銃士」が放送され、後追いで原作を読んだのです。友情の意味を知った作品!その後の「鉄仮面」も読みました。「一人は皆の為に、皆は一人の為に!」

アシュラ
タイトルアシュラ
著者ジョージ秋山
出版社講談社
amazon.co.jpで詳細を見る

高校生の時に読みました。平安時代の飢饉の中、生まれた子供の悲惨と絶望と希望の物語。社会の不条理、人間の不条理、生きる不条理、動物である人間、世の中は当たり前に存在するものではなく作られたものであることを知った作品です。世の中に『子供にみせたい「表」』と『子供にみせたくない「裏」』があるならばはじめて出会った『「裏」であり「表」の作品」だったと思います。

星海社新書 最新刊情報