• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 島津四兄弟の九州統一戦

星海社新書

島津四兄弟の九州統一戦

新名一仁 
2017年11月24日 更新
『島津四兄弟の九州統一戦』新名一仁
<島津四兄弟の九州統一戦>のPOP

内容紹介

島津四兄弟、"鋼の結束"は史実か──? 気鋭の研究者が切り拓く、戦国島津氏研究の新局面!
九州を統一目前まで切り取った島津四兄弟(義久・義弘・歳久・家久)。彼らは固い絆で結ばれ、無類の強さを発揮して九州統一に邁進した──。このような四兄弟のイメージには、実は史料的な根拠を見いだすことができません。それでは、なぜ島津氏は北へと攻めのぼり、数々の合戦に勝利を収めることができたのでしょうか? 本書では、これらの疑問に答えるべく、一次資料をもとに九州統一戦を追っていきます。その結果、「面目」が島津氏の行動原理となっていたこと、そして必ずしも「団結」とは言えない、四兄弟の個性が浮かび上がってきました。九州統一戦の挫折より、430年。いま、戦国島津氏研究の新境地がひらかれます!

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル島津四兄弟の九州統一戦
著者新名一仁 
ISBN978-4-06-510575-7
発売日2017年11月24日
定価980円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

新名一仁

新名一仁(にいな・かずひと) (戦国史研究者)
1971年、宮崎県生まれ。鹿児島大学法文学部人文学科卒業。広島大学博士課程前期修了。同博士課程単位取得退学。博士(文学・東北大学)。みやざき歴史文化館、宮崎市きよたけ歴史館学芸員を経て、現在、鹿児島大学、志學館大学非常勤講師。南北朝期から戦国期という長いスパンで、南九州の政治史を研究している。単著に『日向国山東河南の攻防─室町時代の伊東氏と島津氏─』(鉱脈社、2014年)、『室町期島津氏領国の政治構造』(戎光祥出版、2015年)、『島津貴久』(戎光祥出版、2017年)、共著に『全国国衆ガイド』(2015年、星海社)、編著に『薩摩島津氏』(戎光祥出版、2014年)などがある。


星海社新書 最新刊情報