• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか

星海社新書

マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか

野村泰紀 
2017年07月19日 更新
『マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか』野村泰紀
<マルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか>のPOP

内容紹介

現在は人類の長い宇宙探求の歴史の中でも特に面白い時期だ!
我々が生きる「この宇宙」は、物理法則も次元の数も異なる無数の「宇宙たち」の一つにすぎない......。宇宙論の最前線である〈マルチバース宇宙論〉が描く驚くべき宇宙像は、20世紀末から本格的に行われた宇宙膨張に関する詳細な観測と、超弦理論やインフレーション理論といった最新の理論物理学の進展から、自然な帰結として導き出された。その先進性から、かつては研究者の間ですら「哲学」であると揶揄されるものであったこの描像は、近年になって急速に受け入れられつつある。このマルチバース宇宙論の核心部分へと読者を誘うこと、それが本書の目標である。

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトルマルチバース宇宙論入門 私たちはなぜ〈この宇宙〉にいるのか
著者野村泰紀 
ISBN978-4-06-138616-7
発売日2017年07月25日
定価920円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

野村泰紀

野村泰紀

1974年神奈川県生まれ。カリフォルニア大学バークレー校教授、バークレー理論物理学センター所長。東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構主任研究員、ローレンス・バークレー国立研究所上席研究員を併任。主要な研究領域は素粒子物理学、量子重力理論、宇宙論。現在は主に、“我々が「時空」と呼んでいたものは、実は量子力学的な情報から生じる「二次的な」ものにすぎない”という新たな描像が、量子重力理論および宇宙論において持つ意味の研究に取り組む。米国フェルミ国立加速器研究所研究員、カリフォルニア大学バークレー校助教授、同准教授を経て現職。その他、マサチューセッツ工科大学客員教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構特任教授等を歴任。


星海社新書 最新刊情報