• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 星海社新書 > 一〇年代文化論

星海社新書

一〇年代文化論

さやわか 
2014年04月24日 更新
『一〇年代文化論』さやわか
<一〇年代文化論>のPOP

内容紹介

『僕たちのゲーム史』著者による、希望のポップカルチャー論!
本書は、二〇一〇年代の若者文化について語った本です。果たして、「二〇一〇年代の若者文化とは」という大きな設問に、まだ二〇一四年の現時点で、答えることはできるのでしょうか? それに、そもそも「若者文化など、なくなってしまった」という意見すらあります。しかし、それは誤りです。本書では、〇七年頃に「残念」という言葉の意味がポジティブに変化したことを手がかりに、一〇年代の文化と社会を読み解いていきます。若者文化は明確に存在し、これまでと違う、新しく自由な時代を築こうとしています。さあ、「現代社会は閉塞している」といったありきたりの社会論を超えて、「今」を肯定的に捉えなおしましょう!

試し読みをする(PDFダウンロード)

書籍情報

タイトル一〇年代文化論
著者さやわか 
ISBN978-4-06-138545-0
発売日2014年04月24日
定価820円(税別)
amazon.co.jpで詳細を見る

著者紹介

さやわか

さやわか

ツイッターを見る

74年北海道生まれ。大学卒業後、音楽業界・出版業界での会社勤務を経験したのち、ライターとして執筆活動を開始。07年以降は『ユリイカ』『クイック・ジャパン』『朝日新聞』などを舞台に、幅広い文化ジャンルについて横断的に評論を行う。12年、初の単著『僕たちのゲーム史』(星海社新書)を上梓、独自の文脈でコンピューターゲームの30年史を提示し絶賛を浴びる。13年の『AKB商法とはなんだったのか?』(大洋図書)では、チャート分析とあり余る愛情で新たなアイドル論をうち立てた。現在、星海社ウェブサイト『最前線』内の投稿コーナー『さやわかの星海社レビュアー騎士団』で団長をつとめる。共著に『西島大介のひらめき☆マンガ学校』がある。


さやわかの「武器としての教養」5冊

89
タイトル89
著者橋本治
出版社河出書房新社
amazon.co.jpで詳細を見る

文化について、時代の変化について考える時に、僕が物書きとして常に意識してきたのは橋本治の態度のあり方です。だからこの本と僕の本は少し似ているところがある(と思いたい)。今後、橋本治の足跡はもっと参照されていくべきだと思っています。

偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命
タイトル偶然を飼いならす―統計学と第二次科学革命
著者イアン・ハッキング
出版社木鐸社
amazon.co.jpで詳細を見る

ビッグデータとかデータサイエンティストとかデータマインニングとか、時代は定量的データを転がすのが流行りなのですが、僕はひねくれ者なので、その限界を常に意識しています。だから今回の本ではそういうアプローチは結果としてやめました。そして、この本は統計学の歴史を辿りながらその限界を指摘する大変に面白い書物です。

教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
タイトル教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書
著者ばるぼら
出版社翔泳社
amazon.co.jpで詳細を見る

今回の僕の本のアプローチとは違うのですが、僕が扱った2006年以降という時代より前のことがまとめられています。そして今読むと、この本はとても2005年に発刊されるのに似つかわしい。この本に載っていることと、今の自分がどういう断絶を経ているのか考えるような想像力が求められるのではないかと思います。

存在と時間
タイトル存在と時間
著者ハイデガー
出版社筑摩書房
amazon.co.jpで詳細を見る

僕が近年ものを考える時にひとつの軸としているのは、時間と空間、音と言葉についてです。そのルーツはマルティン・ハイデガーの「存在の声」にあると言っていいでしょう。その思想は過去批判的な検討がさまざまに進められましたが、だからこそ、ネット時代には折りにつけ参照すべきものだと思います。

声と現象
タイトル声と現象
著者ジャック・デリダ
出版社筑摩書房
amazon.co.jpで詳細を見る

文化について考える時には、差異とは何か、連続とは何かということを何度も問われています。その問いに誠実に立ち向かうには、その問題系自体が何に基づいているのかを見つめ直す機会が必要で、この本はそういう誠実さに立ち戻るには最適なのです。

星海社新書 最新刊情報