• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > ミリオンセラータイトルズ

ミリオンセラータイトルズ

ミリオンセラー『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』を生み出し、「タイトルには1億円の価値がある」と豪語する星海社新書編集長・柿内芳文が、思いつきからマジ企画まで、毎日渾身の「ミリオンセラータイトル」を発表します!

ミリオンセラータイトルズ

理系の一般教養

一般教養というと、どうしても文系のものに寄ってしまう。素朴な疑問として、理系に進む人間が最低限共有しておくべき「一般教養」とは何だろうか。

ミリオンセラータイトルズ

哲学を知ってはいけない

「人生の意味とは?」「幸せとは何か?」と、深い井戸の底を覗き込むようなことを始めると、逆に幸せな人生は送れなくなることもある。マーク・トウェイン『不思議な少年』のサタン曰く、人間が幸福になるには、正気でなくなるしかない……。

ミリオンセラータイトルズ

革命を起こすための
幕末入門

「三国志」と「戦国時代」、そして「幕末」は、入るタイミングを逃してしまうと、なかなか後から追っかけていくことができない。僕は高校時代に麻雀にハマり、競馬に入るタイミングを逸した。いまさら競馬に入れない。とにかく、現状の幕末入門は、おっさんが書いているか、歴史萌えか、図解だらけで、つまらない。当時の革命家と同年代である20代後半~30代が、今の視点で自分ごととして書くべきだ。

ミリオンセラータイトルズ

大名の系図は
どこに辿りつくのか?

たとえば上杉鷹山は養子だが、そのルーツをずーっと辿っていくと、どこまで遡れるのだろうか? 誰と誰が意外に「近く」て、誰と誰がじつは「遠い」のか。暇があれば、300藩の系図をたどってみたい。むかし『蕎麦屋の系図』という本を作ったときは本当に楽しかった。

ミリオンセラータイトルズ

せっつく技術

締切りを守らせる技術を新書1冊にしたい。あと、「せっつき屋」という商売があったら、僕はぜひ年間契約をしたい。編集者は締切りを守らせるのが仕事だが、なぜか逆の状況に追い込まれることが多々ある、というか毎日かも。「あの件、どうなりました?」と毎日電話でせっついてくれる人、いないかなー。いや、まあ僕が悪いのだけど。

あわせて読みたい