• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > ジセダイセレクションズ > 心に「名言」を刻んだ作品

ジセダイセレクションズ

心に「名言」を刻んだ作品

牧村朝子
2013年06月27日 更新

木曜セレクター:牧村朝子

牧村朝子

いわゆる名言、好きです。でも“言葉それ自体”って、頭で覚えても心には刻まれないのよね。例えば「努力に勝る天才なし」とか言われてもなんかピッタリそのまんますぎて「そうなんだ、すごいね(AA略)!」で終わるの。そういう類の名言も引用しやすくて便利なんだけど、今回は、感情が言葉から揮発してにおいたつ「感じる名言」を選んでみました。

牧村朝子さんのセレクション

氷の世界 井上陽水

氷の世界

嘘が、攻撃性が、虚飾が、もろもろきたないものが、生きる人の内側と外側にぼとぼとべたべたくっついている。全く支離滅裂なのに何か描き出してる歌詞は、サビ最後「こおりのせか、ひーーー」の絶唱とともに、意味不明なまま刺さります。時代も文化も超える名曲。わたしの妻(フランス人)はこの歌が大好きで、いつも「ひーーー」だけ真似するのよ。

Amazon

ブッダのことば―スッタニパータ 翻訳:中村元

ブッダのことば―スッタニパータ

仏教がまだ文字ではなく、ただブッダの「俺はこう思ったんだけどね」が生きた言葉で伝えられていた頃の記録。いわば「ブッダが言ったことコレクション」です。ヒップホップ級のリリカルさで、「犀の角のようにただ独り歩め」が75回繰り返される「蛇の章」のやばいっぷりがやばい。人生の進み具合によって、意味が違って聞こえる言葉です。

Amazon

はてしない物語 ミヒャエル・エンデ

はてしない物語

ファンタジー文学の金字塔。本の中の世界・ファンタージエン国の人々は、例えばその体で花や果実を育て与える「アイゥオーラおばさま」など、肉体のあり方がその生きざまを表しています。きっとあなたにも、刺さるあり方がある。わたしの推しは「話しかけられたことへの返事を黙って真剣に考え、数日後とかに答えるので普通の会話が成立しない」キャラです。

Amazon

セレクター紹介

牧村朝子

牧村朝子

ツイッターを見る

タレント、レズビアンライフサポーター。杉本彩事務所「オフィス彩」所属。 フランス人女性と同性婚(PACS)、現在パリ在住。KTV「千原芸能社」へ日本初のレズビアンタレントとしてのレギュラー出演を皮切りに、各種メディアで活動。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに"レズビアンって何?"って言われること」。

最新のセレクション

レギュラーセレクター

セレクションズ テーマ一覧

セレクションズ カテゴリ一覧

あわせて読みたい