• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > ジセダイセレクションズ > 死ぬまでにチャレンジしてみたい三つのこと

ジセダイセレクションズ

死ぬまでにチャレンジしてみたい三つのこと

牧村朝子
2013年05月09日 更新

木曜セレクター:牧村朝子

牧村朝子

悲しいけれど、同性愛や性同一性障害など、セクシャリティを苦にして自ら死を選ぶ次世代がこの世にはいます。思春期の自分もそうなりかけたけど、「女の子と一緒になれずに死ねるか! 同性愛OKな異世界に脱出してやる!!」と思い直し、オカルトにガチはまりしてました。死という異世界に旅立つ前に、見られる異世界はたくさんあったのね。

牧村朝子さんのセレクション

幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる! 大澤 義孝

幽体離脱入門 霊トレで離脱は誰でもできる!

「幽体離脱したうえで鏡を見る」と、不思議なものが見えるそうです。一時期離脱の練習をしましたが、離脱しはじめに自分の両手がベッドを突き抜けて沈んでいく感覚を味わって、「おおーなにこれ楽しい!!」と興奮した瞬間に目が覚めてしまいました。死ぬまでにきちんと離脱成功したいなぁ。ん、でも、死んだら勝手に離脱するのかしら?

Amazon

ゴーゴーバーの経営人類学―バンコク中心部におけるセックスツーリズムに関する微視的研究 市野沢 潤平

ゴーゴーバーの経営人類学―バンコク中心部におけるセックスツーリズムに関する微視的研究

タイの可愛い女の子やカトゥーイ(ニューハーフ)が歓迎してくれる、大人の遊び場・ゴーゴーバー。特に女装して男性客をもてなすカトゥーイ達の姿に、かつて「女の子が好きだから自分は男装しなきゃ」「いやいや同性愛者になんかなっちゃいけないから自分は女らしくしなきゃ」と悩み迷っていた自分の経験が重なるんです。話を聞きたいなあ。

Amazon

魔女の薬草箱 西村 佑子

魔女の薬草箱

わたしの住むフランスにおいて、かつてレズビアンは、魔女狩りの対象として処刑されてきました。そのせいなのか、「魔女」という存在にはなんともいえないシンパシーを感じます。魔女に会いたいな、と思います。「ウイッカ」とか「カヴン」で検索すると出てくると思いますが、魔女は現代にもいるんです。

Amazon

セレクター紹介

牧村朝子

牧村朝子

ツイッターを見る

タレント、レズビアンライフサポーター。杉本彩事務所「オフィス彩」所属。 フランス人女性と同性婚(PACS)、現在パリ在住。KTV「千原芸能社」へ日本初のレズビアンタレントとしてのレギュラー出演を皮切りに、各種メディアで活動。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに"レズビアンって何?"って言われること」。

最新のセレクション

レギュラーセレクター

セレクションズ テーマ一覧

セレクションズ カテゴリ一覧

あわせて読みたい