• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > 新刊140文字レビュー

新刊140文字レビュー

最近出版された新書の新刊を、編集者・書店員など「自称」論客が批評します。気になるあの新書は面白いのか? いま読むべき新書は何か? この140字で「日本のいま」が見えてくるはずです。

2011年09月26日 更新

小1のときに「マリオ」と出会って以来、僕の人生はゲームの進化と共にあった。小6でスーファミ、高1でプレステ、大学3年でプレステ2……。ゲーム史を「読む」ことは、僕らの世代について「語る」ことと同義なのだ。70年代生まれ必読本。#jisedai

タイトル教養としてのゲーム史
著者多根清史
出版社筑摩書房(ちくま新書)
発売日2011年09月26日
定価777円
amazon.co.jpで詳細を見る
2011年09月23日 更新

実に残念な上司が次から次へと出てきて、ある意味怖い。別に上司ではないが、自分もそうなっていないかとっても怖い。上司になるとバカになる、というより、むしろ、上司になったからと言って、急に人間が成長するものではないのだろう。#jisedai

タイトル人は上司になるとバカになる
著者菊原智明
出版社光文社新書
発売日2011年09月23日
定価777円
amazon.co.jpで詳細を見る

僕は世界史を一度も習ったことがない。コンプレックスだった。マケドニアとマカデミアの区別すらつかない。そんな僕が世界史の本を作る。焦って世界史の本を読みまくった。ローマはこれで足りる。今とのつながりもよく分かる。ありがとう、本。#jisedai

タイトル面白いほどスッキリわかる!「ローマ史」集中講義
著者長谷川岳男
出版社青春出版社(青春新書インテリジェンス)
発売日2011年09月22日
定価840円
amazon.co.jpで詳細を見る
2011年09月21日 更新

本を読むのは昔から好きだったけど、国語の授業ほど嫌いなものはなかった。国語の試験で、『不正解』が存在することが未だに納得できないのだ!もし僕が橋本武の国語の授業を受けていたらどうだったろう。その想像は僕をワクワクさせる。#jisedai

タイトル灘中 奇跡の国語教室
著者黒岩祐治
出版社中央公論新社(中公新書ラクレ)
発売日2011年09月21日
定価777円
amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい