• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > スペシャル > 新刊140文字レビュー

新刊140文字レビュー

最近出版された新書の新刊を、編集者・書店員など「自称」論客が批評します。気になるあの新書は面白いのか? いま読むべき新書は何か? この140字で「日本のいま」が見えてくるはずです。

2011年10月31日 更新
「人は見た目が9割」から「人はアイコンの見た目が9割」に。フェイスブックやツイッターの普及で、人の第一印象をアイコンが左右するようになっているらしい。アイコンのセンスの良し悪しでその人の印象が決まる。怖い時代になったもんだ。#jisedai
タイトルデザインセンスを身につける
著者ウジトモコ
出版社ソフトバンククリエイティブ
発売日2011年10月31日
定価798円
amazon.co.jpで詳細を見る
2011年10月28日 更新
3.11の「国難」を乗り越えるために、日本はなりふり構わずやる覚悟が必要なのだと思います。今こそサムスンの戦略を学ぶべきなのではないでしょうか?サムスンに思い描くことができて、日本に描けなかった「ビジョン」がここにあります。#jisedai
タイトルサムスンの戦略的マネジメント
著者片山修
出版社PHPビジネス新書
発売日2011年10月28日
定価861円
amazon.co.jpで詳細を見る
2011年10月27日 更新
「テレ東の総製作費の予算は、他局の10分の1ぐらいのイメージで考えていただきたい。(中略)テレ東は局として受難を繰り返し、タレントの力に頼るのが難しい歴史を築いてきました。」リアルな『弱者逆転の法則』が満載だ。#jisedai
タイトル伊藤Pのモヤモヤ仕事術
著者伊藤 隆行
出版社集英社新書
発売日2011年10月27日
定価798円
amazon.co.jpで詳細を見る
2011年10月26日 更新
「アシモ」などの個別のロボットの話も非常に面白いけど、それ以上に『国際標準』の話が興味深い。携帯電話のシェアが何故ここまで落ちたか、『国際標準』を視野に入れたモノづくりとは?などの話は、これからの日本にとってとても重要。#jisedai
タイトルロボットが日本を救う
著者岸宣仁
出版社文藝春秋(文春新書)
発売日2011年10月26日
定価819円
amazon.co.jpで詳細を見る

武器としての決断思考

瀧本哲史
2011年10月25日 更新
この本をきっかけにたくさんの人が決断をして、人生をよりよい方向に変えていくことができると確信している。自分も先送りしていたことに、この本を読んでからけじめをつけた。まさに人生を変える本。そういう本に出会えてとても嬉しい。#jisedai
タイトル武器としての決断思考
著者瀧本哲史
出版社星海社新書
発売日2011年10月25日
定価861円
amazon.co.jpで詳細を見る

あわせて読みたい