• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 連載 > ジセダイ総研 > 8月のチェックしておくべきだったニュース

ジセダイ総研

8月のチェックしておくべきだったニュース

船登惟希
2014年08月28日 更新
8月のチェックしておくべきだったニュース

「ジセダイ総研」主任研究員の船登惟希です。
8月のチェックしておくべきだったニュースを編集部と一緒にまとめてみました。
今月からは新たに、国際情勢・国内情勢ともに「総評」の項目を立てました。

国際情勢

 昨月に引き続き、大きなニュースが相次いだ国際情勢。パレスチナ・ウクライナ・中東では予断を許さない情勢が続いています。ISに続き、ボコ・ハラムがイスラム国家樹立を宣言しました。

 また、シリアでは日本人男性が1名拘束されたというニュースがありました。このように、ウクライナ、パレスチナ、中東は緊迫した状況から脱しておらず、今後も継続してその動向を見守る必要がありそうです。

 西アフリカにおけるエボラ出血熱の流行も、未だに継続しています。コンゴでは原因不明の出血性胃腸炎が流行していますが、西アフリカとは別の流行と思われるエボラ出血熱患者も確認されました。

 ガーナにおいてはコレラの流行も確認されており、把握されているだけで数十人の死者が出ています。日本国内でもデング熱の感染が数十年ぶりに確認されており、感染症の流行は決して他人事ではありません。

 8月15日に第二次世界大戦終戦から69年を迎えました。閣僚の靖国参拝に中韓が反発する中、国連はヘイトスピーチに関する勧告を発表しました。緊迫した世界情勢の中、戦後70年近くたってなお、「敗戦国」である日本には厳しい目が注がれています。

 昨今、東アジアの経済成長率が高まっています。日本の経済成長は足踏み状態ではありますが、その動向に対する注目は依然として高いものがあります。そうした中、今後の日本を担う私たちワカモノがどのようなスタンスをとり、行動していくかということは、とても大きな意味をもってきます。

 例えば、靖国参拝について、あなたは自分の意見を持っているでしょうか……?


台湾ガス爆発 8月1日深夜、台湾南部の中心都市・高雄で、ガス漏れから地下に埋設されたパイプラインが爆発、範囲が3㎢に及ぶ大規模な爆発となった。死亡者は30名、負傷者は300人を超えた。事故現場の模様はTwitterなどで日本国内にもリアルタイムで伝わり、すぐに「東日本大震災の恩返しを」と義援金を募る動きにつながった。


魯甸地震 8月3日16時30分頃、中華人民共和国雲南省昭通市魯甸県でマグニチュード6.5の地震が発生した。死者600人以上、負傷者は3,000人以上にのぼる。雲南省は地震多発地帯であるが、今回は被災地が省都昆明北部の山岳地帯であったこと、また、近年の入植者たちが木造ではなく煉瓦作りの家屋を多用していたことも被害拡大を招いた。


タイ代理出産事件 8月6日、タイ政府当局はバンコクのマンションで、身元不明の生後1カ月~2歳の乳児計9人を保護したことを明らかにした。乳児たちの父親は1人の日本人男性で、その後、更に同じ父親を持つ乳児が複数保護されている。タイでは貧困を背景に代理出産ビジネスが横行しており、軍事政権は近く法規制を行う見通しだ。なお、この日本人男性はタイ当局からの出頭要請を拒んでいる。


米軍のイラク空爆拡大 IS(イスラーム国)の勢力拡大が続く中東で、8月8日、降、米軍が遂に空爆に踏み切った。空爆の対象となっているのはイラク北部で、8日以降断続的に空爆が続いている。北部ではクルド人勢力がイスラーム国との間で戦闘を繰り広げており、クルド人を支援する目的もある。また、8月20日には、米国人ジャーナリストが殺害される動画がアップロードされ、米軍がさらなる攻撃に踏み込むのではないかという観測も流れている。


シリアで日本人男性拘束 ISを巡る中東情勢が昏迷を深める中、8月17日にシリアで日本人男性が拘束された。この男性は自称・PMC(民間軍事企業)社長の湯川遥菜氏とみられ、拘束された状態での動画がYoutubeにアップロードされた。8月26日現在、湯川氏の解放に向けて交渉が行われていると見られる。我が国は米国と軍事同盟を結んでおり、事件の今後の推移が注目される。


ヘイトスピーチ禁止法、国連が勧告 8月20〜21日、国連人種差別撤廃委員会による「対日審査」が行われ、在日韓国・朝鮮人などに対する「ヘイトスピーチ」(差別・憎悪煽動)について「包括的な差別禁止法の制定が必要」とする日本政府への勧告案をまとめた。そんな中、土砂災害の大きな被害を受けた広島で「在日韓国・朝鮮人、中国人による空き巣が多発している」というデマが、ネットを中心に乱れ飛んだ。


ボコ・ハラムのカリフ国家樹立宣言 8月24日、ナイジェリアを中心に勢力を拡大しているイスラーム過激派、ボコ・ハラムがカリフ国家樹立を宣言した。公開されたビデオによると、ナイジェリアのグウォーザを拠点とすると見られる。現地ではキリスト教徒らへの苛烈な迫害も続いており、西側諸国は世界的なイスラーム保守化の潮流に対していかに向き合っていくのか、決断を迫られている。


ボコ・ハラムの建国宣言を伝えるテレグラフ紙ウェブ版のニュース。
http://news.yahoo.com/boko-haram-leader-proclaims-islamic-caliphate-nigeria-town-133230029.html


国内情勢

 国内情勢に関しては靖国参拝以外に政治的な大きな動きはありませんでしたが、広島市内の土砂災害が発生し、大きな被害が出ています。日本は自然災害の多い国ですが、中でも水害というのは毎年数十名の死者を出す、大きな災害の一つです。

 国土交通省のデータによると、2013年の水害による被害は死者50名、行方不明者3名、負傷者24名。人家被害では全壊123戸、半壊70戸、一部損壊220戸でした。今回の広島市内の水害は死者数が60名を超えており、前年の全死者数を一回の水害で超えるほどの大きな規模であったことが容易に想像されます。

 少し話はそれますが、東日本大震災の復興支援活動を行うNPO法人 Youth for 3.11を立ち上げ、現在でも学生ボランティアを東北に派遣しています。災害時のボランティア数というのは復興に大きく影響を与えますが、過去のデータを見てみると、最も大事なのは発生直後に”自主的に動けるボランティアの数”です。

 発生直後は組織的な統制が取れないような状況ですので、出来るだけ自主的に動けるボランティアの人が必要なのです。そういう意味で、日本は今後も水害が起きるという前提に立って、自主的に動けるボランティアの数を増やしておくことが必要なのではないでしょうか? 特に、時間も体力もある学生は、現場では重宝されます。子どもの相手や、おじいちゃんおばあちゃんの相手をしても、特に喜ばれるのは、ワカモノなのです。


・出典:国土交通省 水害レポート2013

http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/pdf/suigai2013.pdf

・NPO法人 Youth for 3.11

http://youthfor311.com/



理研・笹井氏自殺 8月5日、STAP細胞の論文不正問題を抱える理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の、笹井芳樹副センター長が自殺した。論文執筆の天才とも呼ばれた世界的研究者の死は、世界に大きな衝撃を与えた。マスコミの過剰な追求が原因であるとされており、報道姿勢の是非が問われた。


終戦から69年、三閣僚が靖国参拝 終戦記念日となった8月15日、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長および稲田朋美行政改革相が、靖国神社を参拝した。昨年12月末に参拝した安倍晋三首相は参拝を昨年に続いて見送り、私費で玉串料を奉納。政府からは小泉進次郎内閣府政務官、衛藤晟一首相補佐官も参拝した。


コミケに小林幸子出店 8月15日〜8月17日にわたって行われたコミックマーケット86に、演歌歌手の小林幸子氏が初出店。自ら手売りでCD1500枚を即売し、5時間待ちの行列を作った。完売後も列をなす人々と握手をしてまわるサービスぶりで、昨年9月のニコニコ動画参入に続き、若者たちにその存在を知らしめた。


広島土砂災害 8月20日、広島県広島市で、大規模な土砂災害が発生した。8月28日現在の死者数は60名を超えており、現在も自衛隊などによる行方不明者の捜索、土砂の除去作業が懸命に行われている。高知・福岡・京都・秋田でも記録的な雨量を出したこの大雨を、気象庁は「平成26年8月豪雨」と命名した。


広島市安佐南区の土砂災害を伝えるスポーツ報知ウェブ版のニュース

http://www.hochi.co.jp/topics/20140822-OHT1T50205.html


辺野古沖ボーリング調査開始 米軍普天間飛行場の移設計画を進める防衛省は8月18日、同県名護市辺野古の埋め立て予定地で、海底ボーリング調査に着手した。1996年に辺野古移設案が浮上してから初めての海底掘削となる。政府が海底ボーリング調査に着手するのは2004年以来10年ぶり。政府は海上保安庁の職員を配備し、立ち入り禁止区域を拡大。反対派の進入を防ぐため、ブイやフロートを設置した。


昭和天皇実録完成 8月21日、昭和天皇の活動記録である『昭和天皇実録』が完成し、天皇、皇后両陛下に献上された。内容は9月中旬に公表される予定。『大正天皇実録』は一部が黒塗りにされたうえで公開されたが、今回そのような処理は行われていないという。また、これまでの天皇実録は文語体だったが、今回は初めて口語体が用いられた。近く入札で版元が決まり、来年春には出版される予定。


氷水チャリティーに賛否 8月中旬ごろから、SNS上で難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)に関するチャリティ運動「アイス・バケツ・チャレンジ」が流行。賛否を呼んだ。アメリカ発のムーブメントで「指名を受けたら、24時間以内に氷水をかぶるか寄付をするか選び、さらに3人を指名する」というもの。孫正義氏や山中伸弥氏をはじめ、著名人が次々と動画をアップした。チャリティをネタにはしゃいだり自己顕示しているだけといった意見もあり、物議をかもしている。米ALS協会は7月29日からの3週間で1,330万ドルの寄付金を集めたと公表している。


夏の甲子園大阪桐蔭が優勝 8月25日、夏の全国高校野球決勝が甲子園で行われ、大阪桐蔭が三重に4対3で競り勝ち、2年ぶり4回目の夏優勝を果たした。大阪桐蔭は1点ビハインドの7回、ツーアウト満塁でキャプテン中村誠選手が2点タイムリーヒットを打ち逆転。「先輩より弱い」と言われ続けたチームで、前年以上の成果をあげた。

サイト更新情報と編集部つぶやきをチェック!

ライターの紹介

船登惟希

船登惟希

1987年 新潟県佐渡市生まれ。東京大学理学部化学科卒業。東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程中退。教育、特に「edutainment」に興味があり、「楽しみながら勉強する」「わかりやすく本質をついた教育コンテンツ」の作成を通じ、社会に貢献したいと考えている。著者に『宇宙一わかりやすい高校化学』シリーズ、『大学受験らくらくブック(化学)』『大学受験らくらくブック(生物)』などがある。

ジセダイ総研

ジセダイ総研 研究員

キーワード

コメント