• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 新人賞 > 新人賞投稿作品

新人賞投稿作品

ミリオンセラー新人賞への投稿作品を、ジセダイエディターズが愛と情熱と気合いをもって全作レビュー。「これは読みたい!面白い!」と思う作品があったら、「いいね」ボタンで応援することができます。

カリスマ女性アーティストのメイクが濃くなっていく原因と、カリスマ経営者が“裸の王様”になっていく原因が共通していることを、小学生でもわかるように解説!!
浜崎あゆみ、倖田來未、西野カナ…… カリスマ的な人気を誇る女性アーティストがいつの時代も1人は存在しているものである。主に若い女性に人気があるはずのその女性アーティスト達は、一部を除き、もったいないことをしているように思えてならない。デビュー当時の可愛さをあえて打ち消すようなメイクを厚くし、その厚みがだんだんと増していく。その過程は一見不可解とも思えるほどで、延々と“メイクエスカレート”がつづく。本書では、カリスマと呼ばれる女性アーティストにスポットをあて、彼女達のメイクがなぜ濃くなっていくのかを解き明かしながら、それらのプロセスと経営者の破綻プロセスをリンクさせてお伝えする。
2014年06月24日 投稿
死ぬのって意外と面倒くさい!! 「死ぬための準備」を通して自分を見つめ直す、新しい形の自己啓発書!
「人生詰んだ」と感じたら?

チェスや将棋で、同じ盤面を何度も繰り返し、終わりが見えなくなることを「千日手」と言い、「手詰まり」状態であることを表します。

「毎日、毎日、つまらない同じことの繰り返しで先が見えない。」
「人生詰んだ。」
そんな気持ちに陥り、漠然とすべてを投げ出したくなったとき。
あなたなら、どうやってこの局面を乗り切ろうと考えますか?

一見、打つ手がないように見える状況でも、打開策は必ずあるものです。

簡単です。

盤上を全てひっくり返し、一から新しいゲームを始めればいい。
ただ、それだけの話です。

将棋と違って、人生に、定跡やルールなどは一切ありません。
自分で自分の戦い方を見つけていけば良いのです。

現状に希望が見いだせず、閉塞感を感じている全ての人へ、
本書が、盤上をひっくり返す「きっかけ」となれば幸いです。

ベタな生き方

六重野絵夢 (THE NEETS)
2014年06月16日 投稿
複雑な現代社会において、 生きる指標を見失った全人類に告ぐ!!! 「ベタに生きろ!!!」

めまぐるしく回転する時代の変化についていけない。
流行を追いかけるのに疲れてしまった。
なんとなく日常生活が退屈で仕方ない。
そんな思いを少しでも感じたら、ぜひ本書を手に取ってみてください。
もしかしたら、あなたの求めているもののヒントは、「新しい刺激」ではなく「ベタな日常」に隠れているかもしれません。

『花見の定番である「三色ダンゴ」の配列にルールがあることに気づいていましたか?』
『お風呂で浮かべるあひるのおもちゃの正式名称をご存じですか?』

いつもの変わりない「ベタ」な風景が愛おしく思えるようになった時、あなたの日常が少し変わるはずです。

2014年05月28日 投稿
安定した就職だけが楽しい人生じゃない! 我が道をフリーダムに生きるヒトビトの履歴書を大公開!!

 「この人たちは一体どうやって生きているのだろう?」
と、思わず疑問を持ってしまうような職業の人たちに出会ってみたいと思いませんか?

本書では、就活サイトもキャリアセンターも紹介してくれない「フリーダムな仕事」に生きるヒトビトの履歴書を大公開します。
 「志望動機」や「学生時代頑張ったこと」とった就職活動で定番の質問から、「仕事に就いた経歴」や「これからその道を目指す人へのアドバイス」といった独自の内容も掲載!
リクルートスーツを着る就活に疑問を持つ人。
アナーキーで自由な世界を覗いてみたい人。
「こんな世界もあるんだ。」と、親しい人にOB訪問をする感覚で、気軽に楽しんでいただければ幸いです。

2014年05月21日 投稿
シュークリームとカツ丼、略してシューカツ・・・ではなく 就職活動、略して就活。 誰もが通る道ではあるが、作者にとっては険しいいばらの道だった・・・。 というのも、作者は人見知りでおっちょこちょい。コンビニのホットスナックすら頼めない。 そんな作者が、激しい就職戦争を、人見知りなりに乗り越えていく!
新潟から東京へ進出して就職活動を行うことを決意するが、人見知りな上におっちょこちょい。運もかなり悪い。コンビニのホットスナックすら頼めない。もちろん面接なんて怖くて仕方ない。そんな作者が人見知りなりに就職戦争を勝ち抜いていく様子を綴った、ドタバタ就活日記。