• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 新人賞 > 新人賞投稿作品

新人賞投稿作品

ミリオンセラー新人賞への投稿作品を、ジセダイエディターズが愛と情熱と気合いをもって全作レビュー。「これは読みたい!面白い!」と思う作品があったら、「いいね」ボタンで応援することができます。

2013年02月12日 投稿
嘘。ホントは大スキ
1999年、西村博之氏の手によって作られたインターネット掲示板「2ちゃんねる」。
紆余曲折ありながらも、インターネットの普及とともに成長していったこの掲示板は、少なくともインターネットをやる人の中では知らぬ者がいないほどの巨大な存在となっていった。
そして、その陰には「炎上」「祭り」などにより少なからず人生が狂ってしまった人々も――。
複雑に絡み合うネット事情・社会情勢を交えながら、10数年における2ちゃんねるの歴史を紐解く。

2013年02月12日 投稿
今から10年前の「盗作裁判」の判決から、現在の「日本の歌謡界の現状」まで――
大物作曲家である小林亜星氏と服部克久氏が争ったいわゆる『記念樹事件』。
最高裁の上告不受理により『記念樹』の作曲が著作権法違反にあたるとされたのは今から10年前の2003年3月11日。
実際の裁判は、どのように進められていたのか。当時の音楽界の反応はどんなものだったのか。一審で認められなかった小林氏側の主張が、二審で認められた理由は?
メロディの著作権とは何か。事件後、音楽界は変わったのか?
この裁判を最もよく知る者の一人である著者が、自身の全公判の傍聴記録と詳細な裁判資料をもとに語る。

活字中毒

臼井 賢介
2013年01月27日 投稿
ニコチン中毒より活字中毒
本書は活字中毒を広める本です。

市民が作る、市民のための市民の国家。 それを我々民衆が作る。 どこに問題がある?
試案憲法をはじめ、なぜ、この国新しい憲法が必要なのかを述べています。
しかし、その目的は、みんなで話し合って、本当にみんなが住みたいと思う、国を
市民のみんなで話し合って作ろうという事にあります。
そして、その話し合った内容を一つ一つ条文にして憲法にして、
そして新しい国を作ろうという内容です。
この1冊があたらしい国作りの一歩目になってほしいと願っています。
2013年01月09日 投稿
もし朝起きたら鬱病になっていたとしても、もうろたえないでいられますか? いま鬱病の人にも、これから鬱病になる人にも必携の鬱病指南書の登場です。
10人に1人は罹患すると言われるうつ病。最早他人事ではありません。
本書は実際にうつ病を罹患し、無職を経て社会復帰を果たし、5年間大過なく病と付き合い続けた著者が送る、鬱病の指南書です。