• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > 新人賞 > 新人賞投稿作品

新人賞投稿作品

ミリオンセラー新人賞への投稿作品を、ジセダイエディターズが愛と情熱と気合いをもって全作レビュー。「これは読みたい!面白い!」と思う作品があったら、「いいね」ボタンで応援することができます。

明日生きている保証はどこにもない。ならば今日に全力投球して一日一生の生き方を実践してみてはどうだろう?大量行動すれば道は開ける。小さなきっかけを生かせ!情報発信すれば必ず仲間が見つかる時代が到来したのだ!ゼロから始めよう。そして、ゼロになることを怖れるな!
人生の目的は幸せになること。ではいつ幸せになるの?本書は今は無名で無印なあなたに同じく無名で無印な著者からの「一緒に幸せになろうよ!」という渾身のメッセージ。仲間の作り方、コミュニティパワーの威力など無名で無印なあなたが今日から幸せに生きるための20の具体例が余すことなく語られています。
2013年12月30日 投稿
現代社会は妖怪大戦争! 妖怪に生き方を学べ! 意味がないことに意味がある!かんじんなことは目には見えない!
何が正解か分からない、混沌とした現代社会。
妖怪は「よく分からないもの」の具象として古くから日本人の身近にあり、語り継がれてきた。
妖怪に生き方を学ぶことで、割り切れない現実を生き抜くための知恵を身に付ける。
また、記憶を受け継ぐための装置として妖怪を見ることで、地域コミュニティのあり方を考察する。
そして、日本が発展していくために地域にいる人間が何をできるか考え、妖怪が日本社会に果たす役割を考察する。
ミクロな個人向け妖怪のはなしから、マクロな世界における妖怪のはなしまで。妖怪について考えることで、日本社会をよりよくする方法を見つけるとともに、一人一人がよりよく生きる方法を模索する。
2013年12月30日 投稿
「母乳育児」はいま、男性が支える時代へ。 男性産婦人科医による、男性のための「母乳育児学」。
「母乳育児」は男性にとってはできないことであり、女性に任せっきりの分野であったかもしれません。
しかしいま母乳育児は、最新の科学や医学により、赤ちゃんやママ、そしてパパまでにも影響を及ぼしうる、豊かな可能性が次々と証明されています。男性がこの母乳育児に一層深く興味をもたれるならば、家族が変わり、世界をもダイナミックに変化させていくことでしょう。
自らも2児の父として育児真っ最中の産婦人科医が、男性に向けて「母乳育児学」をともに探究する。

「お願いです。働いてください」

柳川けんじ ※フリガナ:ヤナガワケンジ
2013年12月27日 投稿
生活保護ケースワーカー直伝! 弱肉強食の明日を生き抜く秘策
「生活保護」と聞いてあなたは何をイメージしますか? 「税金泥棒」「既得権益」「働けるのに働かない」―生活保護に対する世間の風当たりは強い。でも、ちょっと待ってほしい。弱肉強食の競争社会では、常に勝者と敗者がいる。お金持ちとお金のない人がいる。後者の行き着くところは、生活保護だ。僕たちは今、そんな時代を生きている。勝ち続ける自信がありますか? この先絶対に生活保護を受けることはない、と言い切れますか? もし、少しでも不安があるのなら、一緒に考えてみましょう。「なぜ」生活保護になるのか、「どうして」生活保護から抜け出せないのか。生活保護ケースワーカーが、「ニッポン社会の終着駅」を描き出す。
2013年12月19日 投稿
学歴コンプレックスの治し方、教えます

あなたは自分の学歴に「引け目」を感じていますか?もし、感じているのならばこの本を手にとって見て下さい。文部科学省の「平成25年度学校基本調査」によると、2013年度の大学進学率は53.2%。専門学校進学率も合わせると70.2%もの人が何かしらの学校へ進学しています。このような中で中卒、高卒であるがゆえの学歴差別。また、大卒であったとしても偏差値による学校名差別を受けた方も大勢いることと思います。本書では著者を含む学歴コンプレックスだった人物達の学歴コンプレックスの発症から克服までを時系列的に追うことで学歴コンプレックスの解消法を探っていくこととします。