• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ > お知らせ

お知らせ

星海社新書5月刊、舛本和也『アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本』の新刊情報を掲載し、試し読みを開始しました。


『アニメを仕事に! トリガー流アニメ制作進行読本』-星海社新書




星海社新書5月刊、『「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略』の新刊情報を掲載し、試し読みを開始しました。


『「負け」に向き合う勇気 日本のサッカーに足りない視点と戦略』-星海社新書





イベント開催日、直前情報です!

5/10(土)19:00〜ゲンロンカフェにて、『一〇年代文化論』著者・さやわかさんの

トークイベントが開催されます。

ゲストには、『セカイ系とは何か』(星海社文庫)著者・前島賢さんをお迎えし、

「セカイ系は2010年代も生き残れるか」を大テーマとしたトークセッションとなります。

ご参加希望の方は、こちらでチケット販売中です!

 

ーさやわか式☆現代文化論 #7「セカイ系は2010年代も生き残るか」さやわかx前島賢

 

「セカイ系」。それは『新世紀エヴァンゲリオン』以後から始まり、小説をはじめアニメ、

漫画、映画、音楽、評論に至るまであらゆるジャンルに波及した、ゼロ年代最大の文芸運動!


90年代からゼロ年代、10年代へと連なる社会意識に深く影響したセカイ系の全貌をまとめ上げた

大著『セカイ系とは何か』が、このたび6年の時を経て文庫化。

著者であるゲストの前島賢は2010年代の今、セカイ系をどのように振り返るのか?


そしてセカイ系から見た2010年代とは?

またホストであるさやわかは4月25日発売の新著『一〇年代文化論』で昨今のポップカルチャーを

「残念」というキーワードのもとで分析し、ゼロ年代から2010年代へ向かって開花した新しい時代

の意識を明らかにした。

両者が横断的に見通す、セカイ系の時代からポスト・セカイ系の時代。二人の著者がゲンロンカフェの

トークセッションで、今こそ”現代日本の精神基盤”を詳らかにする!


イベント概要

会期:2014年5月10日(土)

時間:19:00-21:00

会場:ゲンロンカフェ

   東京都西五反田1-11-9 司ビル6F

料金:前売券 ¥2,600(1ドリンク付き)

   当日券 ¥3,100(1ドリンク付き)

   *ゲンロン友の会会員証または学生証のご提示で、¥2,600(1ドリンク付き)になります。

お問い合わせ:03-5719-6821(ゲンロンカフェ店舗)

 

予約方法

下記URLより受付中

http://peatix.com/event/32608/

 

登壇者プロフィール

◎さやわか

74年北海道生まれ。大学卒業後、音楽業界・出版業界での会社勤務を経験したのち、ライターとして執筆活動を開始。07年以降は『ユリイカ』『クイック・ジャパン』『朝日新聞』などを舞台に、幅広い文化ジャンルについて横断的に評論を行う。12年、初の単著『僕たちのゲーム史』(星海社新書)を上梓、独自の文脈でコンピューターゲームの30年史を提示し絶賛を浴びる。13年の『AKB商法とはなんだったのか?』(大洋図書)では、チャート分析とあり余る愛情で新たなアイドル論をうち立てた。現在、星海社ウェブサイト最前線』内の投稿コーナー『さやわかの星海社レビュアー騎士団』で団長をつとめる。共著に『西島大介のひらめき☆マンガ学校』がある。

 

◎前島賢

ライター、評論家。1982年生まれ。国際基督教大学教養学部卒。2000年、NHK『真剣10代しゃべり場』第一期レギュラーメンバー。東浩紀発行のメール・マガジン『波状言論』の編集スタッフを経て、2005年、ユリイカ増刊号『オタクVSサブカル!』(青土社)掲載評論「僕をオタクにしてくれなかった岡田斗司夫へ」にて文筆活動を開始。現在、『朝日新聞』夕刊のコラム「茶話」にてラノベを担当中。

 

 

 

星海社新書4月刊、さやわか 『一〇年代文化論』の新刊情報を掲載し、試し読みを開始しました。

 

『一〇年代文化論』-星海社新書

 

本日は、月曜日! 「ジセダイ 先週のアクセスランキング」をお知らせします。



1位
【これが北欧流!?】スイスのバッグメーカー、FREITAG(フライターグ)の修理受付メールがすごい 
- エディターズダイアリー今井


2位
 星海社新書『年収150万円で僕らは自由に生きていく』試し読み
著者/イケダハヤ


3位
不倫の値段~婚外恋愛で生まれ変わる人、人生を棒に振る人~ 
 新人賞投稿作品/露木幸彦さん


4位
星海社新書『キャバ嬢の社会学』試し読み
著者/北条かや


5位
星海社新書『先が見えない時代の「10年後の自分」を考える技術』試し読み
著者/西村行功


今週も、ジセダイをよろしくお願いします!