• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ > お知らせ

お知らせ

星海社新書『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』、大ヒット御礼を記念しまして著者・中川淳一郎さんと編集担当・今井の対談を公開しました。

 

夢を殺した、その先に......。『夢、死ね!』大ヒット御礼厚着対談! <第1回>

 

エディターズダイアリーを更新しました。

 

反中・嫌中はなぜ浅はかなのか 『知中論』刊行によせて

平林緑萌

 

さて、本書の帯には「反中・嫌中を乗り越えろ!」とあります。
ご存知の通り、現在の出版業界では、反韓・嫌韓本と並んで反中・嫌中本が数多く出版されています。
Amazonで「中国 なぜ」などと検索ワードを打ち込んでみると、その点数が尋常でないことに改めて驚かされます。
なぜ、こんなにも沢山の反中・嫌中本が出版されているのでしょうか?……つづく


『知中論』試し読みはこちら


2014年9月、星海社新書は創刊3周年を迎えました。

これまで星海社新書を支えて頂いた皆様に、感謝の意味を込めて特設ページを開設させて頂きました。

 

「武器としての教養」3周年!

 

ジセダイ編集長・今井からのメッセージや、著者の方々からのお祝いのお言葉などを掲載しております。

連載「ジセダイ総研」にて記事を更新しました。

 

中国は民主化しない ~良心的中国論と関西のスポーツ新聞との共通点~

安田峰俊

 

大学時代から数えると、中国とは14年くらいの付き合いである。

 そんな私はかつて、新聞やテレビで中国が民主化する傾向を知るのを楽しみにしていた。

 そもそも大学で中国史を専攻したくらいなので、私は元々かの国が嫌いではない。

 悪いのはあくまでも共産党の独裁政権だ。彼らが倒れ、民主化すれば中国はよくなる。

 日本の教科書もテレビも新聞も言っているように、民主主義とは「よいもの」であり「正しいもの」である。

 よくて正しいことが明らかである以上、いつか中国人だって民主化を選ぶはずだ。

 その兆候を見つけるのは大事なことである。

 ――かつて私は、何となくそう考えていた。

 だが、私はいつの間にかこの種の考えを持たなくなった。

 

連載「ジセダイ総研」にて記事を更新しました。

 

高橋大輔選手は、なぜセクハラ「された」ことを謝罪しなければいけなかったのか

北条かや

 

つくづく、「セクハラ報道のあり方」を考えさせられる事件だった。2月に行われたソチ五輪の閉会式後の打ち上げで、日本スケート連盟会長で参議院議員の橋本聖子氏が、フィギュアスケートの高橋大輔選手に「セクハラ」したと報じられた事件だ。今回の件では、女性から男性への“逆セクハラ”という言葉も聞かれるが、当事者の2人は「セクハラの事実はない」と否定している。

本論では、そんな当人たちの主張とは反するものの、報道で「セクハラがあった」とされていることから、「セクハラはあった」との前提に立つ。その場合、高橋選手には(1)セクハラを告発する、(2)セクハラを告発しない、という2つの選択肢があったが、彼は(2)の「セクハラを告発しない」を選んだ。

なぜこのような結果になったのか、考えてみたい。

(記事全文へ続く)