• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ > お知らせ

お知らせ

エディターズダイアリーを更新しました。

 

新書のタイトルはいかにして決定に至っているか―星海社新書『夢、死ね!』の場合

今井雄紀

 

好評発売中の『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』(中川 淳一郎)。いかにそのタイトルが付けられたのかー。

(以下、記事冒頭)

『夢、死ね!』は、たくさんの人に「どうしてこのタイトルになったの?」と聴いて頂きます。

いい機会なので、「新書編集者はどうやってタイトルを決めているのか?」について、

書いてみようと思います……つづく

 

連載「ジセダイ総研」にて、記事を更新しました。

 

家族が納得できる娯楽」としてのゲーム 『妖怪ウォッチ』成功の理由に迫る

さやわか

 

ゲームを皮切りに、社会現象となっている「妖怪ウォッチ」。

「妖怪ウォッチ」は、なぜ社会現象になったのか? そこには、開発者側の緻密な計算があった。

「ポケモン」以来の「集めゲー」の伝統を受け継ぎつつ、「日常との地続き感」をより一層強化したものとなっている。また、ゲーム内に社会道徳の要素を盛り込むことで、親にとっても受け容れやすいものとなっているのだ。

「ゲームはPTAの敵」と長らく言われてきた。「妖怪ウォッチ」は、ゲームとしての面白さを追求しつつ、「家族が納得できる娯楽」をつくりあげることで、同時にその壁も乗り越えたのだ。

 

ジセダイサイトの改善のため、皆様からのアンケート実施を開始しました。ご意見伺えましたら幸いです。

 

アンケートフォームはこちらです。

https://docs.google.com/forms/d/1xG9g-QW-uwVEAGt7GmRHdP8D6OnnH70XZmWt-1Uilrw/viewform

 

また、ジセダイサイトのトップ部分「重要なお知らせ」からもアクセス頂けます。

 

何卒よろしくお願い致します。

 

連載「アジアIT闇鍋紀行」にて、記事を更新しました。

 

第4回:勉強すれば幸せになれる? 中国、インド、ネパール......学校訪問の旅

山谷剛史

 

この道12年のアジア専門ITライター・山谷剛史が、思い出とともにアジアの変化を語る本連載。今回は、アジア各国の学校訪問の思い出編。「はたして、勉強をすれば幸せになれるのか?」そんな疑問を胸に、山谷氏は中国、インド、ネパールの学校を訪ねます。

 

連載「ゆかいなお役所ごはん」にて、記事を更新しました。

 

その4:農林水産省社員食堂 国産食材のたっぷり使われた本気のランチを食べる! [後編]

イラストレーター・くらふと

 

お役所の職員食堂でごはんを食べよう!おいしくごはんをいただきながら、看板メニューや独自の取り組みについてお話をうかがえば、「お役所」の硬いイメージもあら不思議......あっという間にゆかいなものに。新鋭・くらふとが贈る、新感覚グルメまんが!今回は、農林水産省職員食堂の後編、こだわりの男・伊藤さんのお話の続きをお届けします。