• ジセダイとは
  • サイトマップ
ジセダイとつながろう!

ようこそジセダイへ!混沌と変革に満ちたこの時代、あなたは、何と闘いますか?ジセダイとは?

  • Home
  • スペシャル
  • 連載
  • イベント
  • 新人賞
  • 星海社新書
  • ジセダイ編集部
  • twitter
  • Facebook
  • RSS
  • youtube
  • Ustream
  • SlideShare

HOME > ジセダイ > お知らせ

お知らせ

大阪心斎橋にある大人気の本屋さん

スタンダードブックストア

で、瀧本哲史さんのトークイベントが開催決定!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東大No,1ベストセラー、

20代に読みたい思考の教科書に選ばれた『武器としての決断思考』。

当店でも刊行以来、ずっと上位に来る話題書になっています。
実際20代のみならずもっと幅広い方に読んで頂きたい一冊なのですが、

今回当店にて著者である瀧本哲史さんをお招きしてトークショーを開催致します!

テーマは、”なぜ"武器としての教養"なのか”。

一度これを考えてみませんか?
京都大学での講義には立ち見が出るほどの人気ぶり。

是非早めのご予約をお待ちしております。

(詳細、予約方法は、以下のリンクでご確認ください)

http://www.standardbookstore.com/archives/66042336.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」

というニュータイプの本屋さんで、

瀧本さんの弁舌が冴えわたる!!!!!!!!!!!!!!

瀧本さんの関西での書店イベントはめったにないので、

この機会をお見逃しなく!

速水健朗さんによる好評インタビュー「きみに必要な武器」

 

20代のカリスマ・千田琢哉さんインタビューの後編がアップされました!

 

きみがこれからどういう「自己投資」をすべきなのか?

必見です。

http://ji-sedai.jp/special/kimihitsu/post.html

『集めた写真を編んでみよう。-青山裕企の手づくり写真イベント-』

 BOOK_01_SOLARYMAN.jpg BOOK_02_SGC1.jpg BOOK_12_TOMEI.jpg

『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』などの写真集を多数手がける写真家・青山裕企氏を迎えて、今夏刊行予定の星海社新書の内容を先取りした“授業”と、実際に手づくり写真集を制作する“実践”を半日で行います。

青山氏がイベントのために制作した『手づくり写真集』のおまけ付です。ぜひ、みんなで手づくり写真を楽しみましょう!

 

ToyCamera-1.jpg  ToyCamera.jpg

 

日時:2012年3月17日(土)10:30~14:30(受付開始 10:15)

場所:国立代々木競技場 会議室4

   アクセス:http://naash.go.jp/yoyogi/access/tabid/88/Default.aspx

        電話:03-3468-1171(国立代々木競技場事務所)

参加費:2,000円(軽食・手作り写真集のおまけ付)

定員:20名

* 応募〆切:3月10日(土)

 

下記メールアドレスに、

住所・氏名・年齢・性別・メールアドレスを明記の上お申し込み下さい。

info@seikaisha.co.jp

* 件名を「青山イベント」としてください。

応募多数の場合は抽選となります。

当選者には3月12日までにメールにてご連絡いたします。

  

【持ちもの】

・L判の写真を20-30枚程度

※この中からセレクトして写真集を制作します。

   作りたい写真集のテーマを決め、それに沿ったものをご持参いただいた方が望ましいです。

※写真のプリントは各自でお願いします。

   参考リンク:http://www.digiphoto.co.jp/

 

【当日の流れ】

受付開始  10:15  

第一部(授業編) 10:30-12:00 写真の編集についての授業を行います

休憩・昼食(30分)

第二部(実践編) 12:30-14:00 実際に手づくり写真集を制作します

質疑応答など(終了後30分程度)

  

【講師プロフィール】

青山裕企(あおやまゆうき)

URL:yukiao.jp

Twitter:yukiao

1978年愛知県名古屋市生まれ。2005年筑波大学人間学類心理学専攻卒業。2007年キヤノン写真新世紀優秀賞(南條史生選)受賞。

著書に『ソラリーマン』『ふたり』(以上パイインターナショナル)、『スクールガール・コンプレックス』(イースト・プレス)、『透明人間⇆再出発』(ミシマ社)など。

サラリーマンや女子高校生など“日本社会における記号的な存在”をモチーフにしながら、自分自身の思春期観や父親像などを反映させた作品を制作している。

第1回ミリオンセラー新人賞の結果が発表されました!

出るか!?新人賞。

出るか、未来のミリオンセラー!?

選考の様子は、選考座談会をご覧ください!!

 

awordTitle01.png

星海社新書のブックデザインが、今朝の朝日新聞で紹介されました!!

「なぜ今〝活字ばかりでゴチック〟の装丁なのか」という文化面の記事です。

『暇と退屈の論理学』(装丁・鈴木成一)

『中国化する日本』

『これからの「正義」の話をしよう』(装丁・水戸部功)

とともに、吉岡秀典さんがブックデザインを手がけた2冊

武器としての決断思考』(通称、ブキケツ)

僕はきみたちに武器を配りたい』(通称、ボクブキ)

が紹介されています!

そしてそして、今発売中の『デザインのひきだし』(グラフィック社/編集は津田淳子さん!)です。

特集「2011年 ベスト・ブックデザインはこれだ」のなかで、

雑誌『アイデア』編集長の室賀清徳さんが、

星海社新書の装丁を2011年のベスト10に選んでくれました!

本当にありがとうございます! 

 

星海社新書の装丁については、この日記記事を!